日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
米、NARUTO旋風ベスト10はVIZ独占
人気ブログランキングへ

海外で日本のMANGA、ANIMEは大人気。
カナダでも、最もポピュラーなのが『NARUTO』と『ONE PIECE』です。
どっちも人気が高いけれども、『NARUTO』の方が上。

理由、キャラが忍者だから。
こういう趣向が外人に受ける模様。

本屋では「MANGA」のコーナーがあってドラゴンボールやベルセルクなど
日本の漫画がずっしり並んでいます。
とにかく日本マンガ・アニメは海外で大旋風です。


こんな凄いニュースがあります。
NYタイムズ マンガベストセラーにNARUTO旋風 ベスト10はVIZ独占
国を代表する新聞紙ニューヨークタイムズは、この3月からウェブサイトを通じてグラフィックノベルの週間ベストセラーを紹介する記事掲載を開始した。書籍のなかでこれまでマイナージャンルとされてきたグラフックノベルが、出版界に認められる動きのひとつとして米国では注目されている。
 米国でのグラフィックノベルのジャンルとしての確立は、日本のマンガにとっても重要だ。なぜなら米国での日本のマンガは一般的にはグラフィックノベルのサブカテゴリーで、依然その売上シェアの半分近くを占めているからだ。(中略)

この週間マンガのベストセラーで、『NARUTO』の大旋風が吹き荒れている。まず、3月5日に発表された最初のリストでは、1位『NARUTO 38巻』、2位『NARUTO  40巻』、3位『NARUTO 39巻』、4位『NARUTO 41巻』、6位『NARUTO 37巻』、7位『NARUTO 35巻』、8位『NARUTO 36巻』、9位『NARUTO 34巻』と上位4冊、ベスト10のうち8冊までが『NARUTO』という状態である。
3月13日に発表された最新リストもほぼ同じ状態で、1位から4位までをそれぞれ40巻、41巻、38巻、39巻が占めている。ベスト10のうち、やはり7冊が『NARUTO』だ。(後略)

米国のグラフィックノベルで日本のマンガが上位を独占しているという。
特に『NARUTO』が10位中8件を独占。

これだけ流行って、皆読んでくれていると思うとやはり嬉しい。
麻生さんが『とてつもない日本』でも示した日本の底力が見事に示された形といえましょう。



劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 -絆- 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2009-04-22)
売り上げランキング: 114
おすすめ度の平均: 4.0
3 空忍
4 絆とは?
4 絵が…。
5 サスケかっこいい



NARUTO THE BEST SCENE ~感動編~ [DVD]
アニプレックス (2008-12-17)
売り上げランキング: 9307
おすすめ度の平均: 4.0
4 面白かった


人気ブログランキングへブログパーツ
クリックを宜しくお願い致します。
別窓 | 日本の凄さ | コメント:0 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 米、NARUTO旋風ベスト10はVIZ独占 | トラックバック:0 |
<<麻生首相はメディア攻撃の犠牲者(ストレーツ・タイムズ) | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | マスコミが伝えない真実>>


この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。