日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
インテリジェンス入門:インテリジェンスに凄い詳しい入門書が売れてる件
インテリジェンス
国家・組織は情報をいかに扱うべきか(ちくま文庫)


インテリジェンス: 国家・組織は情報をいかに扱うべきか (ちくま学芸文庫)
インテリジェンス: 国家・組織は情報をいかに扱うべきか (ちくま学芸文庫)


これはNIKAIDO.COMが情報マン必見の書って紹介していた小谷先生という方の本。

その後、すんげぇ売れてるインテリジェンス入門として再度紹介。w

こんな本がアマゾンで58位だなんて、
これはnikaido効果というやつですかね?


現代のMASTERキートンってワクワクしますね。


情報マン、経営者必見だとせ!





人気ブログランキングへブログパーツ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
別窓 | DVD,書籍案内 | コメント:3 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - インテリジェンス入門:インテリジェンスに凄い詳しい入門書が売れてる件 | トラックバック:0 |
<<うぬぼれを諌めるサクソン・ケッシンジャーの詩が凄いw | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | これは凄い!艦載機を載せられない中国の最新空母がようやく完成w>>


この記事のコメント
[]
インテリジェンスと関係ない話で恐縮ですが、

台湾が如何にヤバイ状況になっているかが判る話を見かけたので、リンクを張らせていただく次第。

「外国人犯罪の増加から分かること」様の記事です。
http://ameblo.jp/japangard/entry-11138994894.html

・・・やはり戦争は間近なのですかねぇ??
2012-01-19 Thu 23:24 | URL | unknown_protcol #eqP7eH0Y[ 内容変更]
↓こちらに書いたのを引用いたします。
表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
discaが山口貴士弁護士を誹謗中傷?
ttp://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1956.html
(開始)
こいつら(規制派)のいいようにやられたら、今中国で起きている「見て見ぬふり」の末、倒れている急患が助からない、という事件が多発してしまいます。
善人が負うリスクは「人助け奨励金」で減らせるのか?=「女児ひき逃げ・見殺し事件」_特選コラム_視点・論点_InsightChina
http://www.insightchina.jp/newscns/2011/11/02/46583/
日本はただでさえ優秀な頭脳が海外にわたってしまい、問題になっているのに、これ以上発展途上国並にインフラが破壊されたり、中国のように人助けをしたら冤罪者になるとなったら、住まいに事欠いてしまっているのを嫌った若い子が英語力を身につけ次第、海外に逃げ出してしまいます。少子化が起きている地域での若い頭脳流出は国力低下を引き起こします。

そのため私は表現規制→言論統制&声かけは危険という状態に危機意識を持っています。

事件概要(沖田事件国家賠償訴訟)
http://homepage3.nifty.com/okita-m/starthp/subpage07.html
>1999年9月、帰宅途中、JR中央線の車内で携帯電話を使用中の若い女性に「携帯を止めなさい」と注意しました。女性は「わかったわよ」と言い放って携帯を切りました。事実はたったこれだけのことなのに、約10分後私が国立駅を下車し南口のロータリーを自宅に向かって歩いていたところ、「私に痴漢された」という女性のウソを鵜呑みにした警察官によって「痴漢の現行犯」だとして逮捕されました。私は検察官によって勾留を請求され、21日間も身柄を拘束され、手錠、腰縄という人生最大の屈辱を受け、「自白」を強要される続ける、社会的信用をきずつけられるなど、大変な損害を被りました。事件は不起訴をかちとって終結しましたが、受けた損害は誰からも償われず、謝罪も未だに一切ないのです。
【解答乱麻】日本財団広報グループ長・菅原悟志 教師は研鑽を 親は余裕を+(1/3ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111126/edc11112607480000-n1.htm
(長文にわたりますので中略いたします。)
つまり児童ポルノ法改悪や著作権法改悪、人権侵害救済法案や声かけ禁止条例といった治安維持法的性質のある法律案が立て続けに成立したら、冒頭の中国で起きている「見て見ぬふり」が多発してしまいます。つまり上司が部下に、または先生が生徒に諌言できなくなる、ということです。万が一諌言したら冤罪逮捕と相成ったら、誰が諌言できるものか?そうなったら部下や生徒の過ちを糺せなくなり、結果的に甘やかしてしまい、Tプロデューサーのようなモンスター従業員・モンスター生徒を量産させてしまいます。そうなれば、まともな人間が逃げ出してしまいます。

>夢を抱けず、魅力がない職業には優秀な人材はこない。被害を受けるのは大切な子供たちであることを親たちはあらためて認識すべきではないだろうか。
つまり表現規制の結果全国的に「俺ら東京さ行ぐだ」状態になれば、「夢を抱けず、魅力がない国や地域には優秀な人材はこない。」ということになり、結果頭脳流出(海外脱出)を引き起こしてしまいます。事実農家の高齢化は、将来性を悲観されていることから、若い人材が付きにくくなってしまった弊害です。(ただし昨今の就職難で「就農」というプランがありますが。)
京都府で起きてしまった児童ポルノ条例は「たかが」と思っていません。これが着火点になってしまい、声かけさえやれば冤罪逮捕という恐ろしい事態が起きてしまうことを恐れています。事実前述の中国では人助けした途端、助けてくれた方を捕まえて冤罪者に仕立てあげられる事件が相次いでいます。
こんなことをやられたら、救急医療が麻痺します。「電気の無いところに文明無し」という方がいらっしゃいます。
電気の無いところに文明無し : 二階堂ドットコム
http://www.nikaidou.com/archives/15225
最低限のライフラインが整備していなければ、近代的な国造りもおぼつきません。明治政府が三池炭鉱を三井に、長崎造船所を三菱に払い下げたのも、富国強兵の一貫として重工業化を急いだ事情があります。教科書に載っていることですのでご存じだと思いますが、これを殖産興業(しょくさんこうぎょう)といいます。ライフライン整備をしなければ、近代化が出来なかったからです。
クレーマーはそういうライフラインを破壊しています。日本でもクレーマーの脅威で医療現場が崩壊して、妊婦たらい回しの末妊婦さんが帰らぬ人になる、という痛ましい事件が起きました。
クレーマー激増の弊害!?日本全国レベルで医師不足が深刻化!!
http://ameblo.jp/tubaki-novelist/entry-10662241510.html
こうやって人をやたらと縛り付けて、結果助かるはずの命が助からない一方、不審者に声かけができないため、治安の悪化を招く、こんなところに誰が住めるか?
(終了)
言論統制がまかり通ったら、これこそ大本営発表と同じことが起きてしまいます。先の大戦において、戦況が悪化していることが国民に知られていたら「いい加減戦争をやめようよ。」という世論が高まり、ポツダム宣言が本来より早くなされて、結果東京大空襲や原爆投下が避けられました。これは坂本弁護士一家殺害事件や薬害エイズ事件でも同じことです。
坂本弁護士一家殺害事件は、坂本弁護士が警察当局と対立していたのを理由に、警察当局が捜査をサボタージュしたことから、地下鉄サリン事件などありとあらゆるオウム事件が起きて、尊い命をわんさか奪われてしまったのです。
また薬害エイズ事件にいたっては、官民一体になって起こされた行政犯罪であり、これで言論統制しようものなら、闇から闇まで葬り去られてしまったことでしょう。
さらに武田邦彦さんが「もうだまされない!「身近な科学」50のウソ」において「ある意味科学者がウソを付かざるを得ない事実がある」旨昨今の官民一体となって「科学」を捩曲げる動きに不満をこぼしていました。これではまるでガリレオ・ガリレイを裁いた宗教裁判と同じではないか?
例えば二酸化炭素が「温室効果ガス」と認識されていますが、これについて武田さんは「科学的に実証されたわけではない。」としました。むしろ1970年代までは「地球は寒冷化している」といわれたほどです。こういう種の話は、従軍慰安婦問題に通じます。当該書物(武田さんの著書)127ページにある「1988年に発表された温暖化の予測と、実際の気温の推移」によりますと、実際の気温が「シナリオ2」である「劇的な温室効果ガスの排出削減が行われた場合の気温予測」とほぼ一致していました。お笑いです。今まで私たちは何をしていたのでしょうか?
こんないんちき科学が横行しているようでは、とてもではありませんが言論統制は安全保障上危険極まります。
2012-01-20 Fri 18:34 | URL | モッコウバラ #3un.pJ2M[ 内容変更]
[]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012-02-26 Sun 18:36 | URL | 株の初心者の入門 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。