日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
これは凄い!艦載機を載せられない中国の最新空母がようやく完成w
中国の最新空母が

艦載機を載せられない件w



2012年、中国の真実 (WAC BUNKO)
2012年、中国の真実 (WAC BUNKO)



中国最新鋭空母の驚くべきスペック (ネトウ

ヨにゅーす)


1:英二@まいごφ ★:2012/01/11(水) 13:54:38.26 ID:0
中国初の航空母艦として注目を浴びている「ワリヤーグ」だが、実は空母の本来の役目である戦闘機を艦載できず、「たんなるポンコツ」とか「無用の長物」「くず鉄の集まり」との侮蔑的な評価をする軍事専門家もいる。

ワリヤーグは現在のウクライナが売却したものであることはよく知られているが、軍事問題専門誌「ジェーン防衛週報」や米軍事・安全保障サイト「グローバル・セキュリティー」によると、ウクライナから引き渡されたワリヤーグには当初からエンジンが積載されていなかった。本来ならば、蒸気タービンエンジンを 2基積載し、最高速度は29ノット(時速53.7km)のはずだが、肝心のエンジンがなかったというのだ。

このため、中国はエンジンを自前で用意しなければならなかったものの、中国は蒸気タービンエンジンや、さらに進んだガスタービンエンジンを国産化できなかったため、ワリヤーグには船舶用ディーゼルエンジンを装備した。しかし、船舶用ディーゼルエンジンは蒸気タービンエンジンなどより容積が大きい割には、 出力(馬力)が小さく、ワリヤーグの最高速度は19ノット(時速約35km)でしかない。通常の空母よりも10ノット遅いのだ。

中国が対抗心を燃やす米海軍の空母は30ノット(時速54km)以上の速力がある。艦載機が発進するさい、米軍の空母は30ノット以上の速力で向かい風を作り、艦載機に十分な揚力を与えて発進させているが、ワリヤーグはそれができないため、空母として致命的な欠陥を持っているのだ。

さらに、大きな問題点が最近指摘されている。一般に空母は滑走路が短いことから、母艦に帰還する艦載機が着陸する際、速やかに停止させるためのフックや制御ワイヤなどの着艦関連装置が装備されているが、ワリヤーグにはこれらの着艦関連装置が備え付けられていないことが分かっている。現状では、空母してはまったく使えないことになる。

それらの装置を調達すればよいのだが、旧ソ連邦製の空母の着艦装置を製造しているロシア企業が中国への売却を拒否しているという。その理由は、中国がロシアの戦闘機などを許可なくコピーして製造していることに不快感を持っているためだという。

実際、ワリヤーグの艦載機として考えられているのは「殲15」戦闘機と伝えられるが、これはロシア製の空母艦載機である「スホイ33」のコピーだと伝えられており、中国としては「身から出た錆(さび)」としか言いようがない。

かくして、ワリヤーグはエンジンに致命的な欠陥をもち、肝心の艦載機の着艦関連装置がなく、さらに艦載機も模造品であるなど、「空母としては無用の長物で、たんなるポンコツでしかない」との評価が定着しつつあるのである。


ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120111_78818.html


ワロタww

ワリヤーグって15年ぐらい前から
旧ソから購入してずっと改造していた空母じゃないのか。

それがコレかよ。ww


エンジンを国産できず時速35km
カタパルトを搭載しておらず艦載機を載せられない!

空母じゃないじゃん。w

空母を中古購入して

15年かけて空母じゃないものにする

中国バロスww


コピーキャットやってるから、
ロシアからカタパルトとか供与して貰えなかったという
オチも中国らしいですね。

こんな空母は雑魚ですね皆さんw


人気ブログランキングへブログパーツ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



別窓 | トンデモ隣国 | コメント:4 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - これは凄い!艦載機を載せられない中国の最新空母がようやく完成w | トラックバック:0 |
<<インテリジェンス入門:インテリジェンスに凄い詳しい入門書が売れてる件 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 今年売れた本ランキング(平成23/2011)>>


この記事のコメント
[]
いあいあ、油断してはなりません
日本もがっつり武装しないと
2012-01-14 Sat 15:34 | URL |   #-[ 内容変更]
[]
私も油断は禁物だと思います。
2012-01-14 Sat 21:28 | URL | 日本人A #CNE2S34k[ 内容変更]
管理人様、お久しぶりです。

私も当初この件でお茶噴きましたが、
一寸気になる一件を見かけまして。

「銀色の侍魂」さまの記事
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1335.html

にて

中国空母の最新動向:アレスティング・ワイヤが確認される
海国防衛ジャーナル 2012年01月08日 03:00

http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50646543.html

と言う話があったのです。
・・・まぁ新型戦闘機(仮)な殲20型のプロモーション映像が映画トップガンの丸パクリだったりと国防関係でも虚偽情報を平然と垂れ流して自国民からもブーイングを食らう支那共匪のやることなので私も半信半疑でもありますが。


また、この空母問題の陰に隠れてもう一つの脅威が進行している模様。

「月夜のぴよこ と 空耳うさぎさんたち」様の記事
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2012/01/post-4503.html

で紹介された台北新報の記事
MND closely monitoring Chinese missile tests
http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2012/01/10/2003522879

・・・全文英語なので英語力が素寒貧な私にはよく判りませんが、なんでもSLBM(原潜からぶっ放す弾道ミサイル?)の実験にとうとう成功し始めた模様。


今度のトータルウォーと言うか世界大戦は米ソ冷戦時代と同様にミサイル戦争になるのではとも思う次第。

それに直接な戦争だけでなく、

国民が知らない反日の実態-中国人観光ビザ緩和(国防動員法)の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1271.html

のように支那族ゲリラの危険性がある以上、
自衛策の強化は必須と思う次第。

そう言えば、チラ裏界隈でもまた新たな大震災の可能性の話もありましたね。

・・・散文乱文御容赦を。
2012-01-14 Sat 22:38 | URL | unknown_protcol #eqP7eH0Y[ 内容変更]
 しばらく振りに書き込ませていただきます。

 銃の引き金を引いたら、弾ではなくバレルやチャンバーが敵に飛んでいく国の作った箱物だけの事はありますね。
 密かに、どうせこんなものだろうとは思っていましたが。
 またしても見事に笑いを取ってくれました。
 真面目に装備更新計画を組み、新型の10式戦車を制式採用する日本の努力を、ある意味あざ笑ってくれますね。

 こんなもの作るより、歩兵の装備品(ぶっちゃけアサルトライフル)を信頼性の高いものに更新した方が、余程戦力の強化になると思うのですが。
 かつての日本軍も(そしてアメリカ以外の大多数の国も)そうでしたが、面子や見てくれに軍資金を使いたがる性質は何処も変わらないのですね。
 まあ、地味に強化されるよりはマシなので、もうしばらくこの喜劇を眺めることにしましょう。
2012-01-16 Mon 19:40 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。