日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
中共が南シナでの空母配備決定!米国防省シンクタンク発表
【中共】南シナでの空母配備決定

米国防省シンクタンク公表


こんなにスゴイ最強の自衛隊―アジア最強の軍隊は我が自衛隊だった!
こんなにスゴイ最強の自衛隊―アジア最強の軍隊は我が自衛隊だった!


海から覇権拡大と領土拡大をもくろむ中共。
古森レポート。

中国、南シナ海で空母必要 すでに配備決定

(産経)


【ワシントン=古森義久】米国防総省のシンクタンク「国家戦略研究所(INSS)」は15日、公表した中国海軍の作戦についての報告で中国首脳が南シナ海の領有権防衛などに航空母艦が必要だとみなし、すでにその配備を決めているという見解を明らかにした。さらに中国が数隻の空母を保有する見通しを述べ、その場合にはアジア地域での米国や日本への脅威が高まると警告した。

 同報告は「中国の域外海軍作戦」と題され、中国海軍が東アジア、西太平洋地域を越えてどのような戦略を目指すか分析している。

 同報告は中国海軍が遠隔地での作戦能力を高めるための手段の一つとして「航空母艦の攻撃艦隊と空母航空力」をあげ、中国共産党首脳がすでに中国が空母1隻は不可欠とみなし、近くその旨の公式発表をするとの予測を明らかにした。

 同報告によると、中国首脳は「空母能力は遠洋に出て、南シナ海の領有権やインド洋の海上輸送路の防衛のような任務への空軍力保持ために明白な戦略上、作戦上の必要性の根拠がある」と信じている。そのために中国海軍は近い将来、単一の空母を保有するにいたるが、数隻の空母群を艦載機とともに持ち、遠隔地での主要戦闘能力を保有するのは今後10年の範囲だとみられる。

 南シナ海での「領有権防衛」は当然、東シナ海での領有権紛争にもつながっており、中国の空母が尖閣諸島への威圧や攻撃をも念頭において開発されていることは明白だといえる。

 しかし同報告は中国首脳部が空母保有の意図を宣言することは「政治的に問題が多い」とみて、アジア地域の諸国や米国の反発を気にしている、としている。

 さらに、中国海軍の空母保有などを中心とする「作戦能力の強化は、アジア地域での米国(の存在)と米国の(日本など)同盟諸国へのより大きな軍事脅威となるため、米国は中国の軍事能力への防御役としてアジア地域の軍事プレゼンスを続けることを同盟諸国に再確認しておかねばならない」と強調した。

 同国家戦略研究所は、米国の国防長官や米軍統合参謀本部議長のために国家安全保障にかかわる戦略研究を恒常的に進める機関で、国防総省への政策勧告の役割を果たしている。


中共が憧れの空母に、愈々手を出そうというわけですね。
尖閣への威嚇にも利用すると見られているようだ。

中共は南沙諸島を力づくで制圧したから
日本の尖閣も殺られちまう。

だから嫌い度No.1だがww

中国に「親しみ感じず」77.8%=尖閣問題響き過去最高-内閣府調査(時事)


日本も潜水艦の増強決めてる。ガンガン軍拡すべきだ。
撃たれる前に撃てなくするべきだろ w

抑止だよ。
ヤクザ中共が空母建造しても意味ないようにしてやりゃいいんだよ。


とにかく自衛隊の配備も西南にシフトしてるし、
潜水艦と糞らを葬る強靭な国家意志が必要でしょう。


遺憾の意ミサイルばっか発射してる場合じゃねえよ。ww
いつまでたっても舐められてるぞ。


人気ブログランキングへブログパーツ 
↑1日1回、
応援のワンクリックをお願いします!


↓毎度アザっす!!
こちらもワンクリックお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



どっちがおっかない!?中国とアメリカ
どっちがおっかない!?中国とアメリカ田母神 俊雄 青木 直人

幻冬舎 2010-09
売り上げランキング : 4114

Amazonで詳しく見る


関連商品
田母神国軍 たったこれだけで日本は普通の国になる
尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)
サルでもわかる 日本核武装論 (家族で読める family book series 006) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)
田母神俊雄の人生論―めざすは日本人
田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ



別窓 | 防衛 | コメント:16 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 中共が南シナでの空母配備決定!米国防省シンクタンク発表 | トラックバック:0 |
<<日出づる国~日本カッコイイと思ったら負け【動画】 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 石油作る藻日本で発見…生産施設出来れば石油輸入分に匹敵>>


この記事のコメント
[]
拡散させたいため、この場をお借りいたします。どうかご容赦願います。

私と接触しているとある有志の方が都条例騒動があったのを受け、児童ポルノ法推進派の代表的な存在である高市早苗議員の事務所に再び電凸されたということです。

↓詳細はこちらへ。
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2010/12/post-f422.html#comment-58626562
2010-12-18 Sat 21:42 | URL | モッコウバラ #3un.pJ2M[ 内容変更]
石原都知事「世の中には変態ってやっぱりいる。気の毒な人で、DNAが狂っていて。やっぱりアブノーマル」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1577689.html

アンタがいうな!
2010-12-18 Sat 21:48 | URL | モッコウバラ #3un.pJ2M[ 内容変更]
 こんばんは。「ど」の字です。

 現在の自分は、先の東京都青少年育成条例改正(改悪)の問題を受けて、自分の属する独善的な善悪概念以外を排斥しようとする自称・知識人や自称・知的エリートの独裁主義的な精神病理現象を改めて解明すべく考察中です。
 明らかに、現代になって少しは人間の命を大事にするために進歩してきた時代の流れを逆行させようとする独裁的・排他的一神教的思想の浸透が感じられます。
 自分の分析では、この全体主義的傾向が世界的広がりを見せつつある現状が確認されており、正直恐怖を感じています。

 ですが、今回チョンマゲファイター様が取り上げられましたこの記事も、かつてナチスが用いた「民族生存権拡大」要求をエスカレートさせていく戦術そのままの、時代を逆行した暴挙を扱った怖い話題です。
 これは、東京都による表現規制の問題と同様の緊急性高い案件と思いますので、少し手を止めて共産中国の危険性について考察していきたいと思います。
 渾身の筆力で、日本のあるべき道を説いてみました。


 ナチスの率いたドイツ第三帝国は、第二次世界大戦に至るまでに数々の領土割譲・併合要求を行っています。軍事力と窮乏化する国民の戦争も辞さない強い意思を背景にした要求に押された欧米列強は、次々と譲歩を重ねてドイツの戦争への意思を和らげようと努力しています。
 では、そのドイツ国民の生存権拡大を求めるドイツに対する譲歩は、戦争を遠ざける事に成功したのでしょうか?
 答えは歴史が証明した通りで、列強の意志薄弱を好機と見たヒトラーの意思によって第二次世界大戦は勃発し、この大戦争は人類史上最大の惨禍となりました。

 そして今、世界で最大の独裁国家が軍事力を増大させ、近隣諸国に対する要求も次々とエスカレートさせています。
 この理不尽な要求に対して譲歩し、軍事力プレゼンスによって国家の諸問題を解決させ得るという誤ったメッセージを共産中国政府に与えてしまったらどうなるでしょうか。
 間違い無く、共産中国は国内の混乱を戦争によって最終解決させるべく、近隣諸国に対して侵略を始めるでしょう。


 その時に日本が蒙る戦争の被害は、共産党の軍隊である人民解放軍が日本国自衛隊に比較してどれだけ強いかによって決まることになります。
 絶対に、日本国内で工作活動をするマスコミや文化人は日本国の物理的・法的防衛力を低下させるべく、共産中国に対する融和と譲歩を訴えるキャンペーンを張ることでしょう(もう既に実行しつつあるとも言えますが、より巧妙かつ派手な形になることは疑いありません)。

 日本人は、かつてネヴィル・チェンバレンが主導し欧州文化人が演出した和平ムードによって欧州世論をミスリードしてしまったように、独裁国家による侵略の危機を看過してしまうのでしょうか?
 それとも、軍備増強・法的整備を進め、同時に一時的に友好関係を無くしてしまっても「耳に痛い諫言を言う」真の国家間友好を堅持する道を選ぶのでしょうか?



 子曰く、「良薬は口に苦けれども、病に利あり。忠言は耳に逆らえども、行いに利あり。湯・武は諤諤を以て昌え、桀・紂は唯唯を以て亡びたり。(『孔子家語、六本』より抜粋」

 自分たち日本人は、苦を避けて一国のみの虚楽に流れる甘言で世界を危うくするのではなく、苦を選んで他国と共に繁栄を培う諫言で世界を安定に導く責任がある、そう自分は確信しています。
 軍事力の増強は戦さに直結するとか、強い抗議の言葉は争いに直結するとか、マスコミや文化人の反射的恐怖心に訴える安易なプロパガンダに惑わされてはなりません。
2010-12-18 Sat 23:13 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
「ど」の字です。連続投稿失礼します。

 先の書き込みでは、歴史の教訓から導き出される現代日本の危機と、日本人としてあるべき真の国家間友好の考え方について論じました。
 続いては、現在の日本で国民をミスリードし諸外国に誤ったメッセージを発信し続ける諸力への対抗策と、国民的に共有すべき平和への努力の在り様を考えてみたいと思います。
 先の文章同様に長文になります。ご容赦下さい。



(1)国内で日本世論に工作を行っている諸勢力を論破する。

 現代日本においては、外国の工作員としか思えないようなマスコミ・文化人が日本世論をミスリードし、それによって経済的・政治的・外交的に日本のみならず世界を不安定化させています。
 この工作員たちによる日本世論へのミスリードを、日本国民の衆知の力で一つ一つ論破していかなければなりません。
 そしてこれが肝心な事なのですが、利敵工作を意図して行った個人・団体の名を晒して以後の蠢動を制限し(余りに甚だしく悪辣な例においては法的に罰する必要もあるかと思います。そのためにも、スパイ防止法案の完全な施行は今後の日本の安全保障のために必須であると考えます)、またマスコミ・文化人のミスリードを論破した際の議論内容を個人・団体の名と共に誰にでも読める形でデータベースに整理する事が必要です。この手の工作員は、論破されたことを別の場所で繰り返すことで何も知らない人間を騙す事を得意としているからです。


(2)民主的な議論を萎縮させる非合法な暴力を許さないための治安状況改善を進める。

 現代日本においては、警察の治安維持力の届きにくい境界線を言論に対する脅迫や在日外国人を中心とする似非右翼団体による暴力が覆っております。
 これが正々堂々議論することを妨げている面が多分にあります。
 法の境界線上で振るわれる暴力を許さないための相互監視体制を共同体毎に整備し、併せて法の境界線を守るための警察官の増員により日本国民の通報に即座に応えて理不尽な暴力を取り締まる治安維持力拡充を図ることが重要です。
 もちろん、誤認逮捕や冤罪による人種差別が起こってはならないことは言うまでも無く、そのような悲劇を防ぐためにも法務に携わる司法官僚の増員は警官の増員と共に必須であると考えます。
(蛇足ながら、警官や法務官僚の大増員は、現代の日本を苦しめる雇用と求人のインバランスを解消するためにも重要でしょう。日本の司法は先進国中最小の人材で最大の効果を生んでいますが、それを以て事足れりとするにはやや危うい現状があります)。


(3)平和を感情で乞い願うのではなく、論理的に構築出来る思考力を持つ国民を育てるための教育を整備する。

 平和とは何故尊いのか、戦争では何が起こるのか、個人への害のみならず住む地域の荒廃、ひいては国家に与える害に至るまで学習し、感情的な戦争忌避ではない論理的な平和論を理解出来る教育を構築します。
 民間人に対する戦争被害に偏向し恐怖心を煽り立てる現在の日本における平和教育では、ただ単に暴力に怯え理不尽を看過する虚弱と怯惰を正当化してしまいますので、この改革は必須です。
 何故軍事力は必要なのか、軍事力の暴走による平和の喪失は何が原因で起こるのか、歴史の各場面から例示することで中学生にも分かる形で平易に解説するべきです。
 将来的には、義務教育の場で十分に修められるような学習カリキュラムの変革にまで踏み込むべきと自分は考えています。


 上記(1)~(3)の項目は相互補完の関係にありますので、順を追って実行するのではなく同時進行させる必要があります(必ずしも終了までも時を同じくする必要は無いとは思いますが)。
 現在の日本には、外交を論ずる場合に「無理が通して道理を引っ込めさせる」問題が多すぎます。
 せめて、上記三つの改革を推し進めることで、論理的な議論が活発かつ安全に行われることを願って、この提案を書き記しました。
2010-12-19 Sun 00:14 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
自分で確かめもせず、噂のみを信じ、更には拡散までして、高市早苗先生をはじめとした護国議員さん方を今まで散々叩いてきた方には、猛省して頂きたいです。
2010-12-19 Sun 00:57 | URL | まみコロ #Fjgryyds[ 内容変更]
まみコロさん

これは名誉回復のための拡散です。
主たる表現規制反対派が高市早苗議員を目の敵にしているために、見兼ねた私との接触している有志の方が、確認のために電凸されたそうです。結果自民党が党全体としては、二次元表現規制に対しては反対であるという回答を得ました。これはスクープです。
このような貴重な議員さんこそ大切にされるべきです。
2010-12-19 Sun 01:21 | URL | モッコウバラ #3un.pJ2M[ 内容変更]
「ど」の字 #/rKlrZ.Iさん>

中国は、はじけるんじゃないでしょうかね?
青山繁晴さんや駄菓子さんによると、胡温政権は既に「レイムダック」化しており、軍が言う事を聞かなくなっているという事でした。

私は以前、胡温政権は海軍と近い前の政権(しかももの凄い反日)とは異なり、国際協調・対日融和を掲げて誕生したので、こいつらの尻を叩いて政治改革を進め、軍部の暴走を抑える事が日本や国際社会にとって重要だと考えていました。
しかしそれも不可能なようで、今後中共(正確には軍)が、どちらへ転ぶか非常に安。
難民対策とスパイ防止法だけは、しっかりやっておいた方がよいと思いました。(北の難民も頭痛の種である。)

中国漁船が韓国艦に衝突・沈没、取締官に暴行
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101218-OYT1T00607.htm
2010-12-19 Sun 07:51 | URL | 福禄寿 #-[ 内容変更]
[]
「二階堂ドットコム」より
↓続きはこちらへ。
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2010/12/post-f422.html#comment-58644412
2010-12-19 Sun 08:26 | URL | モッコウバラ #3un.pJ2M[ 内容変更]
実は一昔前までは、対中感情は非常に良く、対韓感情はそれほど良くありませんでした。
日本人の「親韓」が増えた背景には、日米政府の方針や、メディアの“絶大な”影響力があると思いますが、中国が嫌われる理由は、基本的に「反日」を党の方針として堅持しており、体制が異なる事、横暴な外交を展開している事などが原因でしょう。
それから、李明博政権が対日融和的であるのに対して、中国が基本的にそうではない事などです。

「中国に親しみ感じぬ」8割 内閣府世論調査、尖閣影響
ttp://www.asahi.com/politics/update/1218/TKY201012180195.html

日本人の対中感情は、80年代後半までは「親しみを感じる」割合が、7割前後を保っていた。しかし天安門事件が起きた89年に急激に悪化。その後はほぼ横ばいだったが、両国関係は、小泉純一郎氏が首相就任後、靖国神社参拝などで冷え込んだ。国民の中国への親近感も、アジア杯サッカーでの中国人観客の反日的な応援が問題になった2004年以降、さらに落ち込んだ。

>ロシアに親しみを感じる人は14%(前年比1.4ポイント減)、韓国に親しみを感じる人は61.8%(同1.3ポイント減)と、いずれも微減した。
2010-12-19 Sun 08:27 | URL | 福禄寿 #-[ 内容変更]
「冷戦思考捨てず」と批判 新華社、新防衛大綱
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101219/plc1012190045001-n1.htm
>さらに、日中関係には曲折があったが両国指導者の相互訪問で戦略的互恵関係を確立してきたとする一方、日本の内外に「日中関係の健全な発展を望まず、妨害しようとする勢力がいる」と指摘した。(共同)

いやいや・・・中国にも「日本に対して永遠に歴史問題を言い続けよ!」とか「日本はあと20年したら消えて無くなるだろう!」等と豪語して日本人の怒りを買った、あんな人や、こんな人もいましたよ。

日本の内外だけではなくて、中国の内外にも、日中離間工作をしている人が“沢山”いるんじゃないでしょうかねぇ?
2010-12-19 Sun 12:36 | URL | 福禄寿 #-[ 内容変更]
勘違いなさらないで下さい。
私は、今までの事を申し上げているのです。
前回も、「今まで自民叩きにしか映らなかった」と投稿しております。
失礼致します。
2010-12-19 Sun 16:15 | URL | まみコロ #Fjgryyds[ 内容変更]
[]
まみコロさんに賛成です。軍事力を増大しつつある中国。その中国と対峙する日本の状況を考えると、保守系の政治家を叩いてる余裕はないと思う。
2010-12-19 Sun 16:24 | URL | Be cool! #-[ 内容変更]
保守系への批判コメントですが、事情を知らないと保守系叩きに見えるかもしれませんね。最近のコメント欄を見てそう思いました。

・保守系は支持
・でも都条例の無関心にイライラする

批判コメントの書いている方はこういった前提があります。この前提を知らないと勘違いするかも。保守系を批判するときは、同時に解決策を模索するか、あるいは冷静な文体で書いたほうがいいでしょう。批判したからといって必ずしも全否定しているわけではないのですが、詳しくない人が誤解する可能性もある。

自分の常識は他人の非常識というのを最近、強く感じます。自分がわかっていても他が必ずしも理解しているわけではないのです。おQ層と話すときもそうですが、それを常に意識しないといけません。
2010-12-19 Sun 16:57 | URL | K #tSD0xzK.[ 内容変更]
[]
>まみコロさんへ
一つ質問。
あなたは確証もないことでいちいち騒ぐことを批判しているのか、それともどのような理由であれ自民党にケチをつけることを批判しているのかどちらでしょう。
2010-12-19 Sun 20:49 | URL | 草莽の名無し #-[ 内容変更]
[]
何が怖いって、日本企業が技術くれてやってることです。
ダイキン(軍需企業)も確か技術提供してますし・・・
2010-12-20 Mon 02:32 | URL | 通りすがりの名無し #-[ 内容変更]
「ど」の字です。

>>福禄寿さん
 今のままではいられないでしょう。
 既に共産中国のGDPは激減しているはずです。
共産主義国は統計データが信用できずその経済は別の数字で類推するしかないのですが、電力消費量や資源使用量の激減から推測すると経済崩壊の瀬戸際にあるはずです)
 経済官僚は地方発の「革命」から自らの身命を守るため、失業率低下のための政策を真面目に練っています。
 しかし幾ら何でもこれはインポッシブルミッションです。

 そんなアクロバットが長続きするわけが無いのです。

 共産中国は強力な中央集権国家であり、武力によって現在も頻発する地方暴動を抑え続けていますが、既に人心を失った王朝末期の様相を呈しています。
 恐らく、人民を抑えられなくなった(あるいは抑える気を無くした)地域から共産中国という枠を脱落せざるを得ない形での解体が進むでしょう。
 今の共産中国は、2億人の都市戸籍民がそれ以外の13億人の農村戸籍民から搾取することで経済を回しています。都市戸籍民の奢侈を支える農村戸籍民の脱落は都市戸籍民の生活の崩壊を引き起こし、それが原因で共産党政権は崩壊すると思われます。
 別の所でも書いていますが、自分が一番心配しているのは、自国の未来に希望が見出せなくなった共産党独裁政権が、「最終的解決」を求めて近隣諸国に戦争を仕掛けることです。
 奇襲に対処する法の確立と共に、難民の襲来に対処する法の確立も急務でしょう。


>>通りすがりの名無しさん
>何が怖いって、日本企業が技術くれてやってることです。
>ダイキン(軍需企業)も確か技術提供してますし・・・

 日本のあちこちに技術や情報を盗もうとしているスパイが居るのでしょう。共産中国から便宜を得て、スパイを支援したり日本の法体制構築を妨害したり国民の士気を貶める任務を帯びた文化人もたくさん居ます(日本マスコミなんかは大多数がそうですね)。
 彼らの暗躍を阻止するためにも、スパイ防止法の速やかな可決は不可欠です。
2010-12-23 Thu 04:09 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。