日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
世界で認められた日本発ブランドは?3位「SONY」、5位「Nintendo」
世界における
日本発のブランドの価値ランキングが発表されましたね。

1位 TOYOTA
2位 HONDA
3位 SONY
4位 Canon
5位 Nintendo
6位 Panasonic
7位 Lexus


自動車、電機が上位を占めるなかで
大注目は、任天堂
私も大好きな企業の一つです。

2008年から唯一ランクを上げた企業は、任天堂のみとのこと。
「DS」をはじめ、「Wii」でブルーオーシャン戦略に基づいて競合が手に入れ得なかった女性や高齢者へと市場を拡大開拓した大胆戦略に、じつに驚かされたのは記憶に新しい話ですがやはりやってくれますね。



世界で認められた日本発ブランドは? 3位「SONY」、4位「Canon」、5位「Nintendo」(IT media)

企業のブランド戦略立案などを行うインターブランドジャパンは2月18日、国際展開する日本発のブランドの価値ランキング「Japan's Best Global Brands 2009」のトップ30を発表した。1位は「TOYOTA」、2位以下は「HONDA」「SONY」「Canon」「Nintendo」「Panasonic」「LEXUS」と続く。

国内企業が生んだコーポレートブランドを対象に、(1)ブランドの収益予想(財務)、(2)ブランドが消費者の購買意志決定に与える影響力(ブランド役割)、(3)消費者の需要を維持するブランドの能力(ブランド力)──の3点を分析し、ブランド価値を金額に換算して算出した。対象企業が株式上場していることや、海外売上高比率が30%以上あることなどが条件。

上位7ブランドは、昨年9月に発表した世界のブランド価値ランキング「Best Global Brands 2008」トップ100にもランクインしているが、当時と比べブランド価値がアップしたのは「Nintendo」のみ。

Nintendoは「『Wii』や『ニンテンドーDS』で性別や年代に区別なく、家族で楽しめる新しいコンセプトを示し、グローバルで独自のポジションを築き上げた」(同社の田中英富エグゼクティブ・コンサルタント)点を評価。「Panasonic」は「National」を廃止し、ブランド統一した効果を評価し、ブランド価値をほぼ横ばいとした。

30位までのうち、自動車関連が30%、エレクトロニクス関連が50%を占めた。「自動車とエレクトロニクスに支えられた日本の産業構造の特徴がランキングにも反映されている」と田中さんは指摘。昨年の世界ランキングでは自動車が13%、エレクトロニクスが23%にとどまっている。

同社のテレンス・オリバーCEOは「ブランドは会社の大切な資産。世界ランキングに日本のブランドが7社しか入っていないのは寂しい。日本のブランドがグローバルで強くなるよう願っている」とコメントした。

ランキングは以下の通り。

この任天堂、
USドル為替レート=100円→90円に変更したにも関わらず
今期売上高、利益率ともに過去にないくらいの高い数字をマークしたとのことですから
ほんと、嬉しい意味で驚かされます。

任天堂 4~12月期最高益 「DS」「Wii」独り勝ち(Fuji Sankei Business i)

任天堂が29日発表した2008年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比16.7%増の1兆5363億円、営業利益が同27.2%増の5013億円と、ともに過去最高となった。据え置き型ゲーム機「Wii」のハードとソフトが欧米のクリスマス商戦で好調だったうえ、携帯型の「ニンテンドーDS」が国内外で売り上げを伸ばした。

最終利益は1742億円の為替差損が響き同17.9%減の2125億円だった。09年3月期の通期連結業績予想は、想定為替レートを1ドル=100円から90円に、1ユーロ=140円から120円に見直した。

このため、売上高を前回予想から1800億円減の1兆8200億円、営業利益を同1000億円減の5300億円にそれぞれ下方修正したが、それでもともに過去に記録したことのない高い数字だという。

Wii本体は国内の売れ行きが想定を下回ったものの、欧米では08年通年でゲーム機の売り上げ台数記録を塗り替えるなど幅広く支持を集めた。DSの販売台数も海外では前年同期を上回った。

ただ、「ソフトメーカーがかなり保守的になっている」(岩田聡社長)ことから、DSのソフトとWiiの本体、ソフトの通期の販売目標は引き下げた。

09年1~3月の売上高予想2836億円は前年同期比2割減だが、為替の影響を除くと1割の増収になると試算している。変動が激しい相場に、岩田社長は「ユーロの変動への対策を考えないといけない」と話した。

自動車業界が壊滅打撃を受けている中、この快進撃任天堂マジでスゴイ!

ブログパーツ
クリックをお願い致します
別窓 | 日本の凄さ | コメント:0 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 世界で認められた日本発ブランドは?3位「SONY」、5位「Nintendo」 | トラックバック:0 |
<<竹島の日 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 民主日教組、国賊集団の正体に気をつけろ>>


この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。