日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
トヨタ捏造を扇動した謎の人物ショーンケーンの偏向
トヨタ変更問題を流布した

謎の人物ショーン・ケーンの偏向


【トヨタ擁護の親日米人】黒マスクマン再度参上www
BIG3の日本支社社員「国産車が一番」が共通の認識



ダイヤモンド誌で、トヨタ偏向報道を炊きつけた工作員の正体が暴かれていますよ


その名も

ショーン・ケーン



※その後、こいつは在米韓国人であることを告発する米国人
米トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものだ、と米国人が告発


なんて胡散臭い野郎なんだw 

たわわの国から~しまねこ経由で。


トヨタ“推定有罪”の世論を作った

謎の人物とLAタイムズの偏向報道

~『ザ・トヨタウェイ』著者の米大物学者

が語る衝撃の分析!(ダイヤモンドオンラ

イン)


抜粋

(略)急加速問題に関する苦情は(トヨタに限らず)かなり以前からあったが、元をたどれば、ロサンゼルス(LA)タイムズのある記者がトヨタ車の加速問題に焦点を絞って調査を始めたことに(今回の一連の騒ぎは)端を発する。実はこの記者はショーン・ケインという人物と組んで、一緒に調査をした。資金はトヨタに対して集団訴訟をする弁護士たちが出している。


ショーン・ケインはSafety Research and Strategiesというウェブサイトを持っていて、そこにトヨタ車での負傷事故などトヨタ車の安全に関する情報ばかりを載せている。彼は、この10年で、“意図せぬ急加速”で負傷した人が2000人以上、死亡した人が約18人いると言っている。ある女性がトヨタ車を運転していたら、突然加速し始め、木にぶつかったというような情報をたくさん持っている(※)。その集団訴訟の主要証人が彼だ

 そしてLAタイムズの記者と一緒にメディアの力を使ってトヨタを叩いているこのLAタイムズの記者は、かなり前からトヨタの記事ばかり書いている。トヨタはこの10年で“意図せぬ急加速”のケースが20%増えたとか、市場シェアは(2010年1月実績で)14%なのに(急加速問題の)データの4割をトヨタが占めているとか書き立てている。つまり、トヨタの問題が異常に多いと主張している。

 (略)その後、NHTSAはトヨタに、“意図せぬ急加速”に関してこれだけの報告があるが、何が問題かとトヨタに問い質した。だがトヨタが実際に調査を始めても、本当の問題の証拠が見つからなかったというわけだ。

 (略)NHTSAはその苦情を調べて整理しなければならないが、どれが本当でどれが嘘かわからない。彼らが見るのは傾向である。ある傾向が目立ってくると、自動車メーカーに何が起こっているのか問い質す。自動車メーカーはそれを受けて調査する。10年間でざっと2000件であれば、1年あたり200件。(調査しきれないほど)さほど大きな数字ではない。そこでトヨタは調べた。だが、フロアマット以外では何の問題も見つからなかったのだ

 トヨタによれば、米国では、世界のどの国よりも、ゴム製で黒色のall weather(全天候型)フロアマットの人気が高い。どんな天候にも耐えるし、泥や水で汚れても洗い落とすのが簡単なため、アメリカ人はそれを好んで使う。ここに、ひとつ重要な点がある。このマットを使うならば本来、時間をかけてクリップできちんと止める必要があるが、アメリカ人は床にポンと置くだけの場合が多いということだ。このゴム製マットはトヨタ製ではない。きちんとはまるものもあるが、そうではないものもある。

 トヨタは、米国が“意図せぬ急加速”に関する苦情が他の国に比べて群を抜いて多いことに気付いた。そして、このゴム製のマットが引っ掛かったいくつかのケースを立証することができた。トヨタはNHTSAに対して「アメリカ人はこのゴム製のマットを使っていて、アクセル・ペダルをひっかけている」と伝えた。だがNHTSAはフラストレーションを感じていたのだろう。「他に何か原因があるに違いない」と言い返した。

LAタイムズの記者とショーン・ケインは、“意図せぬ急加速”問題の増加はトヨタが電子制御スロットルシステム(wire electronic throttle system)を導入した時期と一致すると主張する。つまり、彼らは、電子制御スロットルシステムに問題があるというスタンスを取っている。一方のトヨタは、電子制御スロットルシステムの欠陥を見つけられないとの主張を繰り返している。トヨタは電磁気が強い発電所にまで持って行ってテストしたが、それでも何の問題もなかったという。

>トヨタが実際に調査を始めても、本当の問題の証拠が見つからなかったというわけだ。


トヨタは事故原因を調査したが証拠は何らみつからなかったという。
つまりブレーキに異常がなかったのだ

では、レクサスが暴走した原因は何だったのか?

じつはトヨタと関係ないフロアマットが関係していたのだ。


記事内で、暴走の原因について「ディーラーが配っている分厚いフロアマット」が引っかかったからとある。

日高さんの説明と一致しているな。


これをプリウスの電子制御問題

にすり替えトンデモ捏造!!!!
した

というのが真相。

いやぁ強引にもほどがありますね~。


LAタイムズは、オバマ大統領の陛下へのお辞儀で
ゴチャゴチャ書いていた会社ですよ。


※米政府(民主党)がこの流れに一気に乗っかり日本潰しが始まったのは前号のとおり。

米トヨタ叩きの背後に民主党/米の日本叩きが始まった




【トヨタ擁護の救世主】黒マスクマン再度参上w
BIG3の日本支社社員「国産車が一番」が共通の認識だった


トヨタ擁護の救世主黒マスクマン再来。

反響のデカさに今度は静かに解説しています。w
fu○k連呼は気を引くため意図的にやった」。
いいじゃないですか。みたらわかるわけだからねw

オレは叫んでいるほうが好きだぞ
だけど最後でまたシャウトしやがった!ww


概要の記述欄
obamaを叩いており
親日の米保守派

Toyota Prius brake problems part 2, addressing some questions


愛車は新プリウスw「日本のケツ持ちか?」という
批判に対する黒マスクの反論

「BIG3というが組立や部品、どんだけ海外でやっている。一方、トヨタは米で現地工場を建て「雇用」「北米産」を生んでいる会社だ」


最後に目をぎらっと見開いて
おちゃめなところがいいですね。w

サンキューーーマスクマン!!!!!!!!!!!!


BIG3の日本支社の社員たちの
共通認識→「国産車が一番」

貴重なご意見ですね。

車は国産が一番です

管理人様

お疲れ様です。いつも記事のUP有難うございます。

多くのアメリカ人がトヨタバッシングを冷静に見ているとのことおっしゃるとおりと思います。ましてやトヨタユーザーがアメリカ車に乗り換えることもないでしょう。
私、以前ビッグ3のうちの一社の日本法人に勤務していたことがあります(Early Retirement Packageを貰って退職しました。「車は国産が一番」というのが社員の共通認識でした。

2010-03-15 Mon 22:17 | URL | 一児の母 #G7brCG9w


暖かいメッセージを届けよう
http://gazoo.com/G-BLOG/Driver/196748/Article.aspx
トヨタ社長ブログ

2010-03-18 Thu 00:36 | URL | ひまわり #-[

応援しよう。

トヨタバッシングの正体



人気ブログランキングへブログパーツ 
↑1日1回、
応援のワンクリックをお願いします!



↓毎度アザっす!!
こちらもワンクリックお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


アメリカの日本潰しが始まった
日高義樹
徳間書店
売り上げランキング: 1939

別窓 | 歪曲報道への反論 | コメント:14 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - トヨタ捏造を扇動した謎の人物ショーンケーンの偏向 | トラックバック:0 |
<<防衛大儀仗隊が神すぎる件/陸海空自衛隊動画 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 【速報】土井たか子危篤=「李高順危篤」(二階堂.com)>>


この記事のコメント
[]
2010-03-19 Fri 10:39 | URL | 草莽の名無し #3un.pJ2M[ 内容変更]
[]
政治家は結果が全て。

1.選挙へ行く前に知りたい、放送されない政治家の思想と実績
ttp://senkyomae.com/

2.国民が知らない反日の実態
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/132.html

3.国会議員 - けんじゃ
ttp://kenja.org/CategoryPages.aspx?Cat=%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e5%93%a1

4.パチンコに縁の深い国会議員
ttp://plus.kakiko.com/pachinkotax/representatives_pt.html

5.売国議員一掃
ttp://www41.atwiki.jp/dainihon/pages/1.html

6.反日売国利権増税ゴミ政治家
ttp://www.lcv.ne.jp/~kobamasa/hannitiseijika.html

優先度:1>6≫≫≫≫≫≫2>>3>4≧5

ぜひご参考に。



3月18日の忘備録 よかったら読んだって

優秀な中国人学生を採用できなくなった日本企業
ttp://diamond.jp/series/china_report/10047/

米中の通貨戦争は、歴史の必然でもあり、世界の覇権国家が交代する時に起きる摩擦
ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/99aabe57c078092d5bcda9c7eb7eb0c9

韓国人・在日韓国人の推薦特別枠ってのは、確かにあったよ
ttp://chiraurasouko.blogspot.com/2010/03/blog-post_7354.html

第二回 国家の負債を整理する
ttp://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2009/06/02/005606.php

第2回「『日本の15年不況』と『米大恐慌』の共通点」
ttp://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm?i=20071015mh000d8&p=1
2010-03-19 Fri 11:59 | URL | あああああ #-[ 内容変更]
トヨタはむしろ“被害者”では?

トヨタの米集団訴訟、賠償責任が拡大する可能性
ttp://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=JAPAN-144067&cc=03&nt=00

トヨタ:ブレーキ異常まったく見つからず 被害者の証言に「矛盾」
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2010/03/html/d41550.html?ref=rss

運転手が操作ミスの可能性、米NY州のプリウス事故
ttp://sankei.jp.msn.com/economy/business/100319/biz1003191126019-n1.htm
2010-03-19 Fri 13:13 | URL |   #-[ 内容変更]
果敢にも小沢一郎に立ち向かった生方さん
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/370337/

土屋敬之都議会議員も粛清されましたね。このようなスターリニズムは、最低下劣です。
私自身も諫言されることはありますが、時にはカチンと来るときもあります。その時はいきなり答えを出さずに、正しいかどうか、自問自答してみて、なおかつなっとくしなかったら、初めて今回のような対応をすべきでした。
しかし小沢一郎にそのような認識はまったくもって欠落していて、そのため諫言されようものなら、あたかも人格否定されたかのごとくに誤認して逆上する。幼児性丸出しとしかいいようがありません。
かくいう私も、昔はそんな小沢一郎のように、諫言されたらすぐさま逆上していました。諫言されたら、横で聞いていた周りの者にバカにされていたのもあったのです。しかしそのような思想の持ち主は、もれなく幼稚であり、もはやそういう者は無視して精進していくしかありませんし、そもそもそういう者とは袂を分かって自らの人生に悪影響を与えることを局限させるほかありません。今やそれを分かってきましたので、それを実践して常に心や周りをクリーンアップさせています。
話は小沢一郎に戻して、そのような者は、おそらく甘やかされたり、さもなくば親御さんが思想的に病んでいて、そのため酒鬼薔薇同様愛情に飢えていて、情操心の育成を阻害された輩だと推察できます。小沢はどちらかといえば前者だと思います。S学会の熱心な二世信者や光市母子殺害事件の元少年は後者に当てはまりましょう。

小沢一郎のメンタリティーを考える
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52397858.html
まさしく甘やかされていて、まともに人様のもとで働いたことが無いため、「井の中の蛙」になっています。察するに梶山静六さんとトラブルがあって、自民党を飛び出したのも、実はそれが原因ではないかと思われます。

今回の生方さんのケースで、小沢一郎はかつてのルーマニアのニコラエ・チャウシェスク氏に通じる事態に陥りました。近々不満分子が怒り爆発を起こして、大量の民主党離党者を出して、心機一転巨大新党を作る可能性も出てきます。それは田中派の大半の離反で、竹下派が発足したのと同じプロセスです。
2010-03-19 Fri 13:41 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
[]
鳩山首相、デノミ検討していた…藤井財務相辞任で「いなくなってしまった…」と頓挫か
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920014&sid=aabui9cRKgqU

上の記事を見て、これは日本だけの危機ではない、全世界を巻き込む暴言だと感じましたので、大変恐れ入りますが、CIAにお知らせ願います。
2010-03-19 Fri 14:32 | URL | 草莽の名無し #-[ 内容変更]
明日3月20日は地下鉄サリン事件発生から、15年になります。
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/media/100319/med1003190754000-p1.htm

しかし当のオウムの流れをくむ連中(アレフ、ひかりの輪(上祐氏が立ち上げたアレフから袂を分かったオウム系の団体))は、いまだかつて麻原彰晃死刑囚のやってきたことをろくに総括していないため、地下鉄サリン事件当時の危険性に変更はありません。
しかしながら、地下鉄サリン事件を知らない若者がアレフやひかりの輪に入信する事態が相次いでいるのは、一体全体何なのでしょうか?やはりきちんとフランスのように厳しく取り締まらないから、このような連中を撃退出来ないのでしょう。
「麻原とは袂を分かった」旨の発言してやまない、ひかりの輪代表の上祐氏に対して、有田芳生さんは嘘であると切り捨てました。そりゃそうでしょう。一連の事件を総括しないで、ぬけぬけと生き残っているわけですから、例え本当に「袂を分かった」としても、説得力などあるわけがありません。(「真理のための嘘」を一番実践したのは、有田さんいわく上祐氏です。)

こんなやつらに「別件逮捕けしからん!」と叫び、破防法適用を妨害した連中は、今や民主党政権誕生に貢献して、日本の進路を誤らせました。
だからこいつらを撃退させるべく、貴ブログ管理者様が某情報機関にメールを送ることは、まことにもって普遍的なことであり、これは将来の日本のためでもあります。しかし同時に、アジア太平洋安全保障体制堅持のために必要なことです。
2010-03-19 Fri 14:46 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
管理者様、とても良い内容ですねv-10
是非トヨタタ幹部社員さんに読んで頂きたいv-154
2010-03-19 Fri 15:20 | URL | ひまわり #-[ 内容変更]
[]
場所をお借りします。宜しくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou
水間条項さんより
~~~~~~~~~~~

緊急拡散《「過去現在未来塾」発足記念講演会》(日比谷公園野外音楽堂:平成22年4月10日午後2時~6時まで!)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【「過去現在未来塾」発足記念講演会】開催にあたって。


《あいさつ》


時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。皆さまのお力添えのもと、国会で仕事をさせていただいてきたものとして、永田町から離れ、現在の混迷した政治状況を国民目線で見ていて慚愧に堪えません。

それは、国民の規範意識と国会議員との温度差が、あまりにもかけ離れていることであります。

そして、その問題が倫理観のみならず、国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されているからであります。

そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように「過去現在未来塾」を創設することに致しました。

尚、「過去現在未来塾発足記念講演会」は、4月10日(土曜日)午後2時から6時まで「日比谷公園野外音楽堂」で開催することになりました。

基調講演は、現在の混迷状況の核心を『よみがえれ国家意識』との演題で、西尾幹二先生に講演して戴けることになっております。

昨年、10月27日の【「日本解体法案」反対請願受付国民集会】にご参集いただいた約5000名の方々の熱気を、日比谷公園に再現できたらと切に願っております。

また、当日は今上天皇陛下のご成婚記念日でもありますので、日比谷公園の満開の桜とともに祝って戴ければ幸いです。

平成22年3月吉日

「過去現在未来塾」塾長:中山成彬元文科大臣

※詳細は、事務局から随時インターネット上にて発表しますので、ご確認ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【過去現在未来塾発足記念講演会のご案内】

■日時: 4月10日・午後2時~6時  開場: 午後1時より

■場所: 日比谷公園野外音楽堂

【日比谷野外音楽堂登壇者】

●主催者挨拶: 中山成彬「過去現在未来塾」塾長

●基調講演: 西尾幹二先生『よみがえれ国家意識』

●以下の登壇者は、現・前職国会議員、大学教授、文化人、ジャーナリストなど。

●司会: 西川京子

■入場料無料:尚、当塾のシンポジウム等、今後の啓蒙活動などは、広くご賛同戴ける皆様方からの浄財に支えられて運営されますので、当日入口付近にてカンパを受け承りますので、宜しくお願いいたします。

■主催: 過去現在未来塾

■実行委員: 土屋たかゆき・戸井田とおる・水間政憲(事務担当090-5560-9728)

■【過去現在未来塾】設立の趣旨にご賛同いただける団体・組織が御座いましたら、インターネット上に掲載させて戴きますので、事務局へ FAX(03-3269-5873)にてお申し込み下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

《「過去現在未来塾」設立の趣旨》

●日本の伝統と文化を紡いできた先祖に感謝し、これからも国民の生命と財産を守り、文化的でうるおいのある生活を実現できる社会を目指して、活動する。

● 国権の最高機関である国会においては、日本人が日本の末永い安寧を願い、国民の安心と安全を確保することを基本として法律を作る環境を整える。
尚、日本の根幹を破壊する、「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓制度法案」「戸籍制度廃止法案」「偽装人権擁護関連法案」「1000万人移民推進法案」「二重・三重国籍(重国籍)法案」や〈日本に居住していない外国人の子供にも「子供手当」を支給する法案〉など、日本国の解体につながる法案を断固阻止及び廃止する啓蒙活動を実施する。

●国際化の時代における日本の在りかたとしては、日米同盟を機軸とし、国連など国際機関の趣旨を尊重するが、日本の国益を損ねないように国民の合意を優先できる環境を整える。

●教育現場の教員が、「労働者」から本来の崇高な「教育者」への意識に戻れる、教育改革を実現できる環境を整える。

●英霊の追悼は、靖国神社並びに全国の護国神社を国民の追悼施設と認識し、国民が日常生活の中で感謝と哀悼の意を表することができる環境を整える。
尚、未帰還の御遺骨115万柱は、最後の「1柱」までの御帰還を目指し、緊急に収集事業環境を整えることとする。

●拉致被害者帰還事業は、総理官邸に直轄の「拉致被害者帰国推進本部」を設置して、日本国の威信をかけて推進する環境を整える。

●御皇室の弥栄を祈り、御皇室の継承者問題に関して、「過去現在未来」の国民の声に耳を傾け「皇室の伝統」を尊重できる環境を整える。

以上の主旨に則して当塾は運営されます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

■講師陣: 伊藤玲子(日教組問題など)、島袋伸子(お産問題など)、土屋たかゆき(民主党マニフェスト違反問題など)、戸井田とおる(靖国神社公式参拝問題など)、西川京子 (女性問題法案など)、牧原秀樹(二重・三重「重国籍」問題など)、水間政憲(歴史認識問題など)

■事務局: 中山成彬東京事務所
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
バシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
*FAX03-3269-5873
担当: 水間(090-5560-9728)
2010-03-19 Fri 15:41 | URL | 山河 #1GPmVcro[ 内容変更]
上に貼ってある、鳩山夫人がオークションに出品したもの というサイトは、ニセモノらしいです。アドレスからして違うらしいです。(念のため)
2010-03-19 Fri 16:55 | URL | ひまわり #-[ 内容変更]
日本のテレビは、何かあるとすぐに模型を使って説明します。

今回のトヨタの、フロアマットに引っかかるとか、アクセルペダルが戻らないと言う件に関しては、模型を使って詳しく説明するという事が無い。
何故なのだ。不思議だ。

同じ物を使っていれば、日産だってホンダだって、同じことが起きるはずではないか。
2010-03-19 Fri 17:31 | URL | 八目山人 #4lXsiBFM[ 内容変更]
・馬英九政権誕生前、台湾メディアは、陳政権の汚職を叩き続け、「政権交代」を煽りました。
・鳩山政権誕生前、日本メディアも、麻生政権を何かと叩き続け、「政権交代」を煽りました。

・馬英九政権は、支持率が低迷し、地方選挙で苦戦していますが、民意そっちのけで中国との「市場統合」に命がけになっています。
・鳩山政権も、支持率が低迷し、地方選挙で苦戦していますが、民意そっちのけで「東アジア共同体」設立に命がけになっています。

・馬英九総統は、アメリカ留学組であり、基本的に親米です。
・鳩山由紀夫総理も、アメリカ留学組であり、元々親米です。

両者には共通点が多過ぎます。
彼らを操っている、真の「黒幕」は誰だ?

首相、東アジア共同体構想の具体策取りまとめ指示
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100319/plc1003191235011-n1.htm
>首相は閣議で「『日本を開く』という考え方にもとづき、大胆かつ積極的にスピード感を持って立案、実行してほしい」と指示した。FTA(自由貿易協定)など経済面にとどまらず、人的、大学間交流、防災など幅広い分野でのアジア諸国との協力について具体的な取り組み内容を検討し、内閣官房が中心に取りまとめる。

過半数が馬総統に「不満」=有権者の支持、野党に傾く-台湾調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010031900733
>馬総統に「不満」と答えた人が53%と半数を超える一方、「満足」は27%と過去最低を更新
2010-03-19 Fri 18:44 | URL |   #-[ 内容変更]
To 2010-03-19 Fri 14:32分投稿者様
ご依頼の分承り、任務完了いたしました。

詳細はこちら↓
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-479.html#comment3810
2010-03-19 Fri 21:33 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
[]
こんにちは。今回もいい記事をありがとうございます。
モリゾーさんの謝罪会見は日本人の誇りと誠意を感じて思わずもらい泣きしましたが、
リンクから訪れたブログを拝見してまたうるうるしてしまいました。
リコールが発生したことで私達日本人のだいっ嫌いな「弱みに付け込んで」大騒ぎする輩が大発生。
でも、時代に先駆けてハイブリッドカーを普及させたTOYOTAの功績はやはり賞賛に価します。
あまり知られていませんが、ハイブリッドカーの開発はポルシェから始まり
アウディ、ボルボ、フォルクスワーゲンも開発しつつも普及させることはできませんでした。
トヨタがハイブリッド車の実車開発を始めて10数年後、
後にハイブリッドカーの普及に揃って欠かせない電池、モーターが
どちらも日本人によって開発されました。
安くて悪い車になんか乗りたくない、高くていいものならお金持ちしか買えない。
それを様々な努力で一般に行き渡るようにしたトヨタ。
そして、どんどん複雑化していく部品を、メーカーの要求に応え
きっちり丁寧に作ってくれる職人気質の下請け企業。
リコール問題は、それらがあって安全な日本の車ができていた事を再認識する出来事でした。
マスコミは報道しないテロの真っ最中なのでまったく触れませんが、トヨタの存在は
財政破綻の危機にあったカリフォルニアの経済や雇用にもどれほど貢献していたことでしょう。
マスクマンさんもここはキチンとわかってくださっていて少しほっとしました。
今日のエントリーにもあった防衛大儀仗隊の凄さとも通じるところがあるのですが、
日頃意識しない、またはあまり目にしないものの中に日本の「すごい!」があるのですね。
安全が当たり前だったのはたくさんの人達の見えない良心のお蔭である事をあらためて感謝。

2010-03-20 Sat 13:31 | URL | まめだいふく #-[ 内容変更]
[]
私は以前、輸入車販売会社のヤ○セの営業をしておりました。その当時の取扱車種は、メルセデスとGM系であるキャデラック、カマロ、コルベット、アストロ、ブレイザー、オペル、サーブ、ルノーなどでした。
私達、営業は当然これらの車種の中から選んで乗るわけです。営業マンが国産に乗って、お客様に輸入車を勧めることは出来ませんからね。
一方、ヤ○セのメカニックのほとんどは、国産に乗っていました。私のいた営業所では、課長を除くメカニックの100%が国産でした。理由は言うまでもないでしょう。
死ぬほど車を見て、整備して来たプロであるメカニックが、1番よくわかっているのです。どちらの車の信頼性が高いかを。
これは事実であり、別に極秘情報でも無いので、会社名も、まんまだしてもいいんですけどね。
というか、既に丸わかりだと思いますが。かつてお世話になった会社なので、一文字隠しておきました(笑)
2010-03-20 Sat 21:46 | URL | タマクロー #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。