日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
米WP紙にキチ認定された民主藤田参議院議員
民主党国際局長が911陰謀論w

米ワシントンポストに酷評され

民主の反米・キチのイメージ浸透に貢献




民主党国際局長の藤田幸久参院議員。

誰だという感じですが、米WP紙では
これが一般の日本国民は困惑しているだろうとしつつ、
一方「民主の反米見解を反映した見解」と
対立構図で報道されていますww



日英ソースvineさんより。

米紙、9・11陰謀説の民主・藤田議員を酷

評(3/7読売)


【ワシントン=小川聡】米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長が同紙のインタビューに応じ、2001年9月11日の米同時テロがテロリストの仕業ではなかったという「陰謀説」を示唆したとして、「民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものとみられる」と批判した


 社説は、藤田氏が米同時テロについて「株取引のもうけを狙った陰謀」の可能性を提起したと紹介。「こうした正気を失った過激派の空想に影響されやすい人物が、世界第2位の経済力を誇りにしている国の統治機関の中で重要な地位を占めている」として、民主党政権の反米気質と関連づけて解説した。

 そのうえで鳩山首相について、「日米同盟が安全保障の礎石だと再確認しているが、首相と民主党政権の行動は、そうした約束について疑問を提起している」と分析し、「首相が藤田氏のような向こう見ずで、事実を無視する党分子を大目に見るかどうかで、日米同盟が厳しく試されるだろう」と指摘した。

 藤田氏は9日昼、「ワシントン・ポストの記者に雑談で話したことだ。内容がきちんと伝わっておらず、誤解がある。党の見解を述べたものではない」と述べた。

>「民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものとみられる」と批判した。
>首相が藤田氏のような向こう見ずで、事実を無視する党分子を大目に見るかどうかで、日米同盟が厳しく試されるだろう



A leading Japanese politician espouses a 9/11

fantasy(3/7米WP紙)


YUKIHISA FUJITA is an influential member of the ruling Democratic Party of Japan. As chief of the DPJ's international department and head of the Research Committee on Foreign Affairs in the upper house of Japan's parliament, to which he was elected in 2007, he is a Brahmin in the foreign policy establishment of Washington's most important East Asian ally. He also seems to think that America's rendering of the events of Sept. 11, 2001, is a gigantic hoax.

Mr. Fujita's ideas about the attack on the World Trade Center, which he shared with us in a recent interview, are too bizarre, half-baked and intellectually bogus to merit serious discussion. He questions whether it was really the work of terrorists; suggests that shadowy forces with advance knowledge of the plot played the stock market to profit from it; peddles the fantastic idea that eight of the 19 hijackers are alive(※彼はハイジャック犯19人中8人は生存しているという狂った考えを披露したw) and well; and hints that controlled demolition rather than fire or debris may be a more likely explanation for at least the collapse of the building at 7 World Trade Center, which was adjacent to the twin towers.

As with almost any calamity whose scale and scope assume historic proportions, the events of Sept. 11 have spawned a thriving subculture of conspiracy theorists at home and abroad. The only thing novel about Mr. Fujita is that a man so susceptible to the imaginings of the lunatic fringe happens to occupy a notable position in the governing apparatus of a nation that boasts the world's second-largest economy.

We have no reason to believe that Mr. Fujita's views are widely shared in Japan; we suspect that they are not and that many Japanese would be embarrassed by them. His proposal two years ago that Tokyo undertake an independent investigation into the Sept. 11 attacks, in which 24 Japanese citizens died, went nowhere. Nonetheless, his views, rooted as they are in profound distrust of the United States, seem to reflect a strain of anti-American thought that runs through the DPJ(民主党に広がる反米気質の表れw) and the government of Prime Minister Yukio Hatoyama.  

Mr. Hatoyama, elected last summer, has called for a more "mature" relationship with Washington and closer ties between Japan and China. Although he has reaffirmed longstanding doctrine that Japan's alliance with the United States remains the cornerstone of its security, his actions and those of the DPJ-led government, raise questions about that commitment. It's a cliche but nonetheless true that the U.S.-Japan alliance has been a critical force for stability in East Asia for decades. That relationship, and its benefits for the region, will be severely tested if Mr. Hatoyama tolerates elements of his own party as reckless and fact-averse as Mr. Fujita


ファンタスティック藤田w

藤田って誰だ。
藤井っていう耄碌ジイサンなら知っているのだが。

なぜ俺達が知らない奴の発言を
Washinton Postが取り上げたのか気になって
エントリー用に枠を取っておいたのですが、
最近インタビューに答えただけのようです。w


しかしこれで、鳩山民主党は反米かつ
かなりキチが入っているという
外交イメージが米大衆により浸透する。


やはり米の利害に絡むと
一流紙も動くんですね。
このような情報で動くなら工作ならぬ情報の流し甲斐が
あるんじゃないのでしょうかね。w


陳さんのWorld viewより。

藤田の陰謀論(動画修正
いかにも陰謀好きそうなw
イタイよおっさん。









人気ブログランキングへブログパーツ 
↑1日1回、
応援のワンクリックをお願いします!



↓毎度アザっす!!
こちらもワンクリックお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



ドル凋落 ―アメリカは破産するのか (宝島社新書 309)
三橋 貴明
宝島社
売り上げランキング: 80

別窓 | 民主党・日教組の正体 | コメント:7 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 米WP紙にキチ認定された民主藤田参議院議員 | トラックバック:0 |
<<朝鮮学校、無償化へ/戦時徴用わずか245人、崩壊する外国人参政権付与の論拠 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 在特会、極左を追い返す西村修平の映像>>


この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-11 Thu 23:47 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-12 Fri 00:11 | | #[ 内容変更]
[]
この件に関してはよくやったと思いますよ。
2010-03-12 Fri 01:26 | URL | 草莽の名無し #-[ 内容変更]
[]
この人の陰謀論は、去年、読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」に出演してやってましたね。
2010-03-12 Fri 02:46 | URL | グロック #-[ 内容変更]
おはようございます。ローズマリーです。民主の反米・キチの藤田は間違いなくC○Aのブラックリスト入りですねwおめでとうございます。例によって凸委員長様よろしくお願いします。

年度末は師走よりも仕事が忙しく、今までのように活動ができていませんが、それでも夜中にFAXやポスティング行って頑張っています。チャンネル桜だけでなく在特会のデモにも久しぶりに行きたいです。また新風の金友様(前エントリ動画のオープニングに登場)とも飲みたいな。

子ども手当の問題点や、朝鮮学校の授業料無償化の問題は今週になってから国会で連日審議されていますね。これらの法案の危険性は自民党が行っている地方遊説だけでなく、首都圏を含めた全国各地でペースを上げて行っていって欲しいものです。ちなみに今週末の自民党街頭演説会の日程は以下の通りです(自民党サポーターズメールより)

◆東京都
3月12日(金)16:00~17:00
有楽町「イトシア」前
出席予定:
谷垣禎一総裁 他
-------
◆熊本県
3月13日(土)14:20~14:55
荒尾市・あらおシティモール駐車場前(荒尾市緑が丘1-1-1)
出席予定:
井上 信治 青年局長
丸川 珠代 女性局長
徳田 毅  青年局長代理
石井みどり 女性局次長
小泉進次郎 青年局次長
金子 恭之 政調副会長
松村 祥史 参議院熊本県選挙区公認 
------
◆宮崎県
3月14日(日)時間・場所・出席者未定



さて私が半分しか行けなかった、3/6の街宣のチャンネル桜の動画がアップされていたのでご紹介しておきます。寒い雨の中参加された方々大変お疲れさまでした。

【頑張れ日本!】3.6 外国人参政権・夫婦別姓反対街頭宣伝活動[桜H22/3/9]
http://www.youtube.com/watch?v=IgRiZ-3VN9E


まみコロ様、チラシを拡散していただきありがとうございます。まみコロ様・ジュリー様をはじめとする皆様が拡散していただいたおかげです。一人でも多くの国民に周知できれば幸いです。ところで「ミヤネ屋」では報道しなかったようですね。新聞では夕刊フジと中日新聞は危険性まで含め報道していました。産経は略しすぎでしが一応報道していました。またテレビではテロ朝が「ワイドスクランブルの夕刊キャッチアップコーナーで」で多少報道したようです。自民党叩きに比べればまだまだ足りませんね。マスコミが隠しきれないほど世論を盛り上げていきましょう!

今国会で民主党を追及できるのは自民党しかいません。自民党は地方で街宣を行うときは演説だけでなく、チラシなども配ればかなり効果が増します。この件が多くの国民に知れ渡れば、子ども手当目当てで民主党に投票した国民は、次期参議院選で民主党に投票することはないでしょう。また人権侵害救済法案が15日に提出予定と聞きました。この法案への自民党の態度もはっきりとさせるべきだと思います。また自民党のケツ叩きをしなければいけませんねw
2010-03-12 Fri 04:45 | URL | ローズマリー #JyN/eAqk[ 内容変更]
To ローズマリー様
おはようございます。例の件ですね。了解いたしました。

To 管理者様
おはようございます。
前エントリーの書き込み欄でCIAメル凸の結果、トヨタがつぶされちゃうよ!という不安感を抱いた有志の方がいらっしゃいました。そういう不安感を抱く方のお気持ちは大変よくわかります。
しかし反日に怒っている者が、トヨタのような外貨を稼いでくださり、結果日本経済にメリットのある日本企業をつぶすようCIAに依頼するわけないでしょうが。
ましてや日本の経済産業モラルをぶち壊しかねない「仕分け」に怒って、在日米軍にまで手を突っ込んだことを報告してまで、「仕分け」つぶしを図ったくらいです。
私は「しかしなぜよりによってこのタイミングでトヨタバッシング?」と怪しい目で見ています。ここからは私の推察ですが、おそらくGMがボロボロになってしまって、このまま看過すると、これまでの自動車業界トップ3をBIG3で占めていたのに、そのトップ3の座をトヨタに持っていかれるのがしゃくであるという勢力の陰謀ではないか?と見ています。
別のエントリーでも取り上げさせていただきましたが、「トヨタ信じているよ。」という心あるインターネットユーザーの声があり、それをトヨタが汲み取っているそうです。決して悲観する必要性さえないほどです。あたかもBSE問題にもかかわらず、アメリカビーフを求めていた日本の一部の有志に通じます。

話をCIAメル凸に戻しまして、私たちがターゲットにしているのは、民主党やマスメディアなど特亜勢力に与する連中です。特亜勢力は日米双方にとって脅威であり、それをガンガンCIAに報告するのは決して悪いことではなく、誰が何を言おうと推進していくべき普遍的なことと位置付けています。決して「依存して」いません。CIAが喉から手が出るほど欲しがっている情報を現地の者が提供しているだけにすぎません。

何度も申し上げてしまいますが、とても大切なことなので、何度も書き込ませていただきます。
アメリカにとって在日米軍基地は、イギリスでいうジブラルタルに匹敵するとても大切な軍事要塞です。しかしこの在日米軍基地の存在の結果、アジア太平洋安全保障体制を確かなものにしています。その存在を目の上のたんこぶとみなしているのが特亜勢力であり、これを潰さんと工作員を送り込んできました。結果昨年の政権交代であり、それに米軍関係者やCIAが怒ってしまったのです。
だからこそ管理者様がCIAにメールするや否や「感謝御礼」的なお返事ではなく、そうそうたるメッセージ付きのお返事をよこしてきたのです。もっと情報を欲しがっていたのです。それに応え普遍化させたのが、「国民が知らない反日の実態」に設けられた「CIAメル凸本部」であり、これまで有志がどんどん報告してくださっています。その成果の一つが、CIAが貴ブログをあしげく通うところまでにさせたことです。今はMPJにも貴ブログ同様CIAにあしげく通っていただきたいと、願っています。マスメディアのせいで日米安保体制ぶち壊しを局限させるためにも。
2010-03-12 Fri 06:22 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
To ローズマリー様
レスはこちらです。
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-469.html#comment3642
2010-03-12 Fri 12:46 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。