日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
日本人の矜(ほこ)り
日本人の矜(ほこ)り

日本、そして日本人の「夢」と矜持(ほこり)
歴史NO1の名著 1/28(今日)発売



純アクセスが久しぶりに000人を越えました。
(右下FCカウンタは不正確です)

CIA以来二度目です。
今回は特にリンクされたとかはなく単独達成なので、
自己褒めします。どんどん成長してきました。w


人気ブログランキングから600人ぐらいきたので
(通常は1300~MAX2000)、昨日はタイトルで成功しました。


ランキングのデメリットは更新しないとガクとアクセスが
減ることだが、逆に更新するとタイトルに応じて来てくれる
ポテンシャルが高いことだ。


自分が読んでもらいたいと思うときに
漸く読んでもらえるようになってきた、
ブログランキングを、”コツコツ”頑張ってきて良かったという感じだ。


日本の底力、ちょうど年ぐらいとなります。

Core Competence(コアコンピタンス)の意味はいみじくも三橋さんが解説しています。「他社にはない絶対的強み」という英語です。
マーケ用語から取りました。

コア・コンピタンス: ある企業の活動分野において「競合他社を圧倒的に上まわるレベルの能力」「競合他社に真似できない核となる能力」(Wikipedeia)


企業、国家、一個人における他者にまねできない圧倒的強み。

つまり日本の他者に負けない絶対的強さ、

Core Competency of Japan である。
(コアコンピタンシーオブジャパン)

そこに【日本の底力】と意訳を本題につけた。


では日本人の底力とは何でしょうか。

僕は、日本人そのものだと思います。

つまり日本を守り、生死を賭けてきた日本人の、そのものだと思います。

日本を知り、日本を信じると、、自ずとそこに底力が出現する。

日本を築いた高杉晋作や吉田松陰と同じ血が流れている
というところがスッと落とし込まれると、
自分も日本を守ってやる!という意気がわいてくる。


それが、日本の底力ではないかと思うのである。


このブログはまだ幼児の1里塚。
今後とも、宜しくお願いします。


人気ブログランキングへブログパーツ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


日本、そして日本人の「夢」と矜持(ほこり)
『日本、そして日本人の「夢」と矜持(ほこり)』渡部昇一著



高校生、大学生は必読です。この本ほど
面白く飽きない日本人の凄さ!を教えてくれる本はない。
「坂の上の雲」の00年分みたいな感じです。


清水靜八郎著『侵略の世界史』の00年史観は、
イギリスの英文学者の「虹の言葉」から渡部が閃いた本書が元です。
この用明天皇から描く面白さは別格。そして近代で感動に震える。
渡部昇一を0冊以上読んできた中の最高峰。
(また紹介します)


今後のデモ日程と情報他

今後のデモの予定や、活動での有用情報を纏めておきました。
こんごも↑のエントリーを更新してきます。トップにどうにか貼ります


人気ブログランキングへブログパーツ 
↑1日1回、
応援のワンクリックをお願いします!


↓毎度アザっす!!
こちらもワンクリックお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
別窓 | 日本の底力 | コメント:25 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 日本人の矜(ほこ)り | トラックバック:0 |
<<小沢教祖が辺野古の土地を投機目的で購入し移設反対の民意を著しく害していた件【辺野古1500坪問題】w | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 終了。産経朝刊にスクープ出ます【小沢詰み情報】>>


この記事のコメント
こんばんは。ローズマリーです。

まずは1周年記念おめでとうございます!v-82今後ともガンガン応援させていただきます。人気ブログランキングも12位返り咲きで、次なる目標はトップ10入りですね。政治・社会問題では3位に落ちてしまっていますが、左巻きブログに負けないよう皆さんで応援してきましょう!

今年に入ってから抗議集会やデモがかなり増えてきたような気がします。私は仕事が忙しく休日出勤も重なり今年はまだ民主党大会に抗議するデモにしか参加できていません。それでもこんな事ではいけないと、せめて家でできる署名・議員への呼びかけ・周知活動などを地道に続けています。

さて1/25(月)は「永住外国人地方参政権に反対する国民集会」が行われましたので、記事をいくつかご紹介してきます。
【産経】外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100125/plc1001252042015-n1.htm
政府が通常国会への法案提出を検討中の永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対する国民集会(主催・日本会議など)が25日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。全国の首長、地方議員約1万人分の反対署名(現在までに約1600人分を確保)を集めて、政府に提出することを決めた。

【PJnews】外国人地方参政権付与を断固阻止!元最高裁長官や現役国会議員らが集会開く
http://www.pjnews.net/news/618/20100126_2
政府与党により法案提出が予定されている、永住外国人地方参政権付与に反対する国民集会が25日、日本会議など主催で大々的に開催され、全国から参集し会場に入りきらぬほどの観客が見守る中、永住外国人参政権付与に断固反対する決議が採択された。

アリエスさんのブログに参加レポートがありましたのでご紹介しておきます。
【アリエスの雑記帳】永住外国人地方参政権に反対する国民集会!
http://ariesgirl.exblog.jp/12735752/#12735752_1

動画も一部アップされていましたのでご紹介しておきます。
【YouTube】「永住外国人地方参政権に反対する国民集会」平沼赳夫衆議院議員
ttp://www.youtube.com/watch?v=T0SxsOjJptg
【YouTube】「永住外国人地方参政権に反対する国民集会」土屋たかゆき都議会議員
ttp://www.youtube.com/watch?v=YgSiGuqKXaA


最後に『日本人よ、怒れ、そして立ち上がれ!』をご紹介しておきます。抗議行動やデモに参加できないのであれば、署名・議員への呼びかけ・周知活動など、もう一度自分に何ができるのか考え今すぐ行動を起こして下さい。

【日本世論の会 愛知県支部】日本人よ、怒れ、そして立ち上がれ!
http://yoronaichi.blog120.fc2.com/blog-entry-220.html
土屋たかゆき(敬之)東京都議会議員が、永住外国人地方参政権付与法案が国会に提出されたら、日の丸持って国会を包囲しようと国民有志に呼びかけています。

土屋都議のことは、皆さん、ご存じだと思います。ご存じない方は、一度ネットで調べてください。都議のホームページやブログをご覧いただければ、土屋敬之という男が、日本国と日本国民を、命を張って守る本物の政治家であることがおわかりいただけると思います。

土屋都議は、決して口だけの政治家ではありません。国会に突入すると言えば、本当にやる男です。その土屋都議が、憂国の悲痛な叫びで国民有志に決起を呼びかけているのですから、皆さんは当然、国会包囲に参加されますよね? どうなんですか?

自民党が売国法案を潰すだろう? なるほど、確かに大きな敵失がありましたから、自民党に追い風が吹いているように見えますね。しかし、彼らはやりませんよ。例の資金問題や政府の経済・財政政策については厳しく追及するでしょうけど、売国法案に対する自民党の姿勢は未だに不鮮明ですからね。やる気があるとは思えません。自民党=保守政党という幻想は、もういい加減捨てた方がいいと思いますよ。自民党が本当に信頼できる保守政党であったなら、そもそも土屋都議は国民有志に決起を呼びかけてはいないでしょうし、私もこのような記事を書いてはおりません。

話を戻しますが、保守の皆さんは博学ですから、もちろん、知行合一という言葉をご存じだと思います。どれほど知識があろうとも、行動が伴わなければ、無知に等しいという意味ですね。生意気なようですが、私に言わせれば、無知ゆえに行わない人よりも、知っていながら行わない人の方が罪が重いと思います。

外国人地方参政権付与法案の問題点および危険性については、私よりも皆さんの方がよくご存じだと思います。ご存じなんでしょう? では、ご存じでありながら、なぜ、その阻止のために行動されないのですか?

ひょっとして、誰かがやるだろう、と思っていらっしゃるのですか? そんなことは政治家の仕事だ、と思っていらっしゃるのですか? 

戦後日本では、本来は政策であるはずの「友好」が至上命題として目的化し、自民党政権時代から日本国は都合よく切り売りされてきました。そして、ついにやってきたのが外国人参政権です。

皆さんにお尋ねしたい。

日本人は、いったいどこまで後退を続ければいいのですか? 国が無くなるまで後退を続けなければならないのですか?

今戦わずして、いったい、いつ戦うのですか? 「日本」を取り戻す戦いは、いったい、いつになったら始めるのですか?

国会を日の丸で包囲することに何の意味があるんだ、そもそも包囲できるほど人が集まるのか、数の力の差があるのだから、抵抗したって無駄だ、とお答えになられるのであれば、もう話はおしまいです。ご静聴ありがとうございました。どうぞ、お帰りください。

ただし、この一言は申し上げておかねばなりません。あなた方は、今後、愛国だの憂国だの日本人の誇りだのといった類の言葉を一切口にしてはなりません。なぜかは、わかりますね? はい、どうぞ、お帰りください。

ここからは、戦う意志のある侍の皆さんにお話しします。

さあ、野郎ども……失礼、いや、もうめんどくせえ、ここからはべらんめえ口調でいかせてもらいますよ。

国会を日の丸で包囲することの意味、わかってるな? もちろん、第一義的には、売国権力に対する圧力と、少数ながら存在する外国人参政権反対派の議員の応援だが、それだけではないんだぞ。

絶対に一度は見せておかねばならんのだ。日本人を本気で怒らせたことの、その真の恐ろしさをな。自民党も含めた全ての売国議員と亡国マスコミのゴミどもに、日本人も牙を持っていることを見せ付けてやらねばならんのだ。はっきりと目に見える形でだ。奴らを震え上がらせてやらねばならぬ。そのためにも、やはり数の力が必要なんだ。

この戦いは、国民有志が自発的に行うものだから、中央指令所があるわけではない。そのうちできるかもしれんが、現時点においては、司令塔はない。マスコミも俺たちの戦いを徹底的に無視するだろうから、ニュースで伝えられることもないだろう。ゆえに、受け身でいてはだめなんだ。命令を待っていてはだめだ。各々が自分から動かなければならない。

最初から大観衆のデモ、ということには、おそらくならない。少人数でのスタートを余儀なくされるだろう。しかし、それで意気消沈して戦線離脱してしまってはならない。それでは何もしなかったのと同じだ。

ネットが主な武器になるだろうが、とにかく、あらゆる手段を使って国民有志に参戦を呼びかけろ。何としてでも大観衆デモに発展させるんだ。大規模なデモになればなるほど世論は動く。参戦者は加速度的に増える。

世論が動けば、マスコミも無視を決め込むことはできなくなる。そうなれば必然的に政治も動く。あらゆる人々を俺たちの戦いに巻き込んで、国民世論の主導権を奪取しろ。勝てる戦いなんだ。絶対に勝てる! 

間違っても、できない理由を探すなよ。そんなことは、口だけは達者な自称・評論家どもにやらせておけばいいんだ。敗北主義や冷笑主義はいささかも認めない。いいか、理屈じゃないんだぞ。全ての力の源泉は、己を恃んだ絶対不屈の精神なんだ。必勝の信念を胸に深く刻み込め。俺たちが、己を疑いさえしなければ、必ず勝てる!

自分一人が動いたって、どうにもならない、などといった類の言葉は絶対に発するな。心で思ってもならない。全ての歴史的偉業を遡っていけば、一人の人間の決断と行動に辿り着く。一人の人間の決断と行動が全ての始まりなんだ。これは人類の永遠不滅の真理だぞ。そうとわかれば、その手の言葉は、今後は二度と口にするな。

大事なことを言い忘れたが、日の丸は必ず持ってこいよ。この戦いの構図は、日本国民VS売国権力+亡国マスコミだ。日本国民の象徴としての日の丸は絶対に欠かせない。国旗があるのとないとでは、迫力が全然違うし、士気も断然上がる。今時ネット通販でも買えるから、いつでも出撃できるように、今から用意しとけ。できるだけでかいのを用意しろ。それが売国権力に対する、俺たちの武器になるんだからな。俺たちの小銃であり、魂の軍刀だ。

俺たちも人間だから、己の中で士気が上がらない日もあるだろう。士気を持続させるのは結構大変なことだ。士気がどうしても上がらない、そんな時は、宇宙戦艦ヤマトのテーマ曲の次のフレーズを口ずさめ。

「地球を救う 使命を帯びて 戦う男 燃えるロマン 誰かがこれを やらねばならぬ 期待の人が 俺たちならば」

どうだ、元気が出て士気も回復するだろう。

思えば敵も馬鹿な真似をしたものだ。俺たちに最高の結集点を与えてくれた。一国の政治家のくせに、マキャベリの『君主論』も読んでいない。俺が奴らの立場だったら、もっと賢くやる。敵を徹底的に分断し、決して結集点を与えない。

祖国の無言の要請を感じ取れ。わが日本の偉大なる歴史の形成に参加できる至高の喜びを心底から噛み締めろ。俺は先頭を切ってやる。侍の魂を持つ者は後に続け。何としてでも「日本」を取り戻さねばならぬのだ。日本人の手に取り戻さねばならぬ。

それをやれるのは、もはや売国奴と化した政治家ではない。無論、マスコミのゴミどもでもない。他の誰でもない。

俺たちが取り戻す!

2010-01-27 Wed 05:27 | URL | ローズマリー #JyN/eAqk[ 内容変更]
管理人さんおはようございます。一周年おめでとうございます。皆様ご協力お願いいたします。

日本国を守るためにも「永住外国人への地方参政権付与」法案成立を阻止しましょう!
現在この法案に反対決議を出している地方議会・自治体は14県あります。
また反対議員の署名は1月25日現在で1600人名になったそうです。

日本会議国会議員懇談会ではその後2月~3月議会を目処に各議会にて反対推進をし、地方議員1万人の署名目指しています。地方議員・議会に向けて「電話・FAX・メール」を続けて行きましょう。具体的な方法は下のサイトに書かれていますので参考にして下さい。

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情(陳情書ダウンロード可)
http://www.sns-freejapan.jp/2009/11/26/%e6%8b%a1%e6%95%a3%e6%8e%a8%e5%a5%a8%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e5%8f%82%e6%94%bf%e6%a8%a9%e4%bb%98%e4%b8%8e%e5%8f%8d%e5%af%be%e3%81%ae%e9%99%b3%e6%83%85/

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】(テンプレート有り)
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-39.html

送付先はこちら(都道県議会事務局.xls)
http://sitarou09.up.seesaa.net/image/C5D4C6BBB8A9B5C4B2F1BBF6CCB3B6C9.xls
2010-01-27 Wed 06:15 | URL | ジュリー #DdMDrPns[ 内容変更]
「ど」の字です。おはようございます。

>知行合一
「知る事と行う事は一つである。知を生かす行いが無ければ、知っていることにはならない」

 陽明学の言葉ですね。
(自分は大塩平八郎の故事からこの言葉を知りました)
 動くこと他人より遅いと自覚のある自分が、かくあるべしと思っている言葉でもあります。

 政治経済の中心部からはるか離れた場所に住んでいて、ローズマリー氏のように行うことからは遥か遠い自分にとって、デモなど身体を使った行動を実行できる人たちの姿は眩しくうらやましいものです。
 自分は、動きたくても動けないのです。

 自分は、メールやFAXを送ることで、日本の三権に圧力を掛けることしか出来ませんが、それでも戦いに加わり続けようと思います。

 デモを実行する、動く人たちに声援を。
 遠い山口の空の下から送ります。
 頑張って下さい。
2010-01-27 Wed 06:17 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-27 Wed 08:27 | | #[ 内容変更]
昨日午後、平野官房長官が、参政権提出に向けて、唯一反対している閣僚の亀井を説得すると抜かしました。
こっそりと提出に向けて、またチョロチョロし始めた様子。
連日、国会中継でバカさらしてるので、民団やシナが圧力掛けてきたのでしょうか?亀井、他議員への怒涛の電凸メル凸よろしくお願いします!

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2010012600701

2010-01-27 Wed 10:05 | URL | 庶民 #-[ 内容変更]
[]
はじめまして。

ブログ1周年おめでとうございます。
毎日拝見しております。

早速で恐縮ですが、以下の件ご存知ですか?

http://research.news.livedoor.com/r/39575
陳昌洙「外国人参政権は在日同胞の恨みをはらす契機」
“地方参政権問題は「韓国・日本強制併合100年になった2010年」に今まで抑圧された在日同胞の恨みをはらす契機と見られ歓迎すべきことだ。その上、日本政府が前向きの態度で韓国・日本過去の歴史問題を解くことができる糸口を提供するという点でその意義は大きい。 ”

まだ外国人参政権の恐ろしさを知らない日本国民にこの法案の恐ろしさを知らせる一助として、よろしければ貴ブログで、ご紹介していただきますと有り難いです。

こちらもご存知かもしれませんが、お知らせしておきます。

http://research.news.livedoor.com/r/39583
移民大国・フランスでさえ、外国人地方参政権は“論外”、どう思う?

御検討どうぞよろしくお願い致します。

これからも応援しております。
2010-01-27 Wed 10:21 | URL | francaise #-[ 内容変更]
>>francaise様
 こんにちは。
 横からの差し出口になってしまいますが、ご容赦ください。


>陳昌洙「外国人参政権は在日同胞の恨みをはらす契機」
http://research.news.livedoor.com/r/39575


 またぞろ、朝鮮人が日本に対する逆恨みの妄念を撒き散らしているようですね。
 そんなに、日本人によってハングルを発掘して国語を整備されたことが悔しかったんでしょうか?(ハングルの辞書は日本政府が編纂している)
 あるいは、山林緑化事業がそんなに嫌だったんでしょうか?
 それとも、迷信的呪術医療を排除して科学と検証に基づいた医療体制の整備が気に入らなかったんでしょうか?
 日本がソウル大学まで作って力を入れた教育の整備は?
 日本の税金を使って津々浦々まで整えたインフラ構築は?

 確かに、日本が朝鮮半島でやった事は、良い事ばかりではないのは事実です。
(朝鮮神社の建立などはその一つ。)
 しかし、それにしても何と言う恩知らずでしょう。腹が立ちます。


 しかし。
 その腹立ちと同時に、自分は思うのです。

 朝鮮人の『恨』の念は、今後どっちを向いて行くんでしょう。

 在日朝鮮民族の『恨』は、日本人だけでなく本国や他国に存在する朝鮮民族に対しても撒き散らされているんですよ……。
 また、逆に在日朝鮮民族に対しても、本国や他国在住の朝鮮民族は『恨』を向けていると聞かされています。
 そして、全ての朝鮮民族に対して、その他の民族全ては『アングリーコリアン(いつも何かに八つ当たりしている朝鮮人)』と言って軽蔑しています。

 自分自身で己の存在を蠱毒そのものに変えてしまった朝鮮人は、今後近辺に毒を撒き散らして収縮していくのでしょう。

 今回の、在日外国人参政権関連の諸法案に対しても、実は韓国の李明博政権はあまり良い顔をしていないようです。在外韓国人に対して自国籍を認めるための一時帰国を強いる事を検討していると言う話で、ゆくゆくは在日朝鮮民族の財産を自国の国庫に没収するため様々な法整備を進めているということです。
 これなんかも、朝鮮人自身に蠱毒が返って来た現象と言えるでしょう。

「朝鮮人の謀のほとんどは、朝鮮人の内部抗争による密告で暴露される」
 ホーマー・ハルバードが、こんなことを書いていましたが。
 全く、蠱毒の民族とは本当に度し難いものです。

 日本人としては、こんな蠱毒を撒き散らす迷惑な隣人には出来るだけ近づかないよう、また自分の故郷に踏み込まれないように気をつけていきたいものです。
(また、可及的速やかに退去してもらいたいとも考えています。)
2010-01-27 Wed 12:54 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-27 Wed 15:32 | | #[ 内容変更]
小沢は外堀を次々に埋められ、言うことが当初の発言からは大きく後退し、(何十年も前の)父からの遺産、家族の預金口座からという発言に変わってきています。
相続税の脱税や贈与税or所得税の脱税の指摘、資産公開には入っていなかった・・・といった指摘を受けることは当然覚悟の上でしょう。起訴は避けられなと観念した上で、罪をできるだけ軽いものにしようという戦術に転換したことがアリアリ。
2010-01-27 Wed 15:46 | URL | 拷原 #-[ 内容変更]
東京近郊在住です。週末などは色々な街宣やデモに参加してます。まあ参加しない人、できない人、いろいろいるかと思いますが、一部のデモや街宣、親衛隊を品がないとか過激すぎるというのはもう止めて欲しい。士気が下がるし、私は現場は自己責任と思ってます。それより自分の地域でビラとかポスもいい、できることして欲しい。政治活動が難しい地域なら日心会のチラシでも効果あるんじゃないでしょうか?
2010-01-27 Wed 15:49 | URL | そう思う人 #-[ 内容変更]
小沢の巧妙な裏金集金システムについては次のブログで非常に分かりやすい解説がなされています。ぜひご覧下さい:
「敬愛天人(東北の田舎より愛国の発信)」 http://blogs.yahoo.co.jp/sort5694/23958314.html 
2010-01-27 Wed 15:55 | URL | ひろし #-[ 内容変更]
管理者様、一周年記念おめでとうございます。しかしこの発展の仕方、昨年末のエントリーでもコメントさせていただきましたが、破竹の勢いで躍進したんだなと感じます。
私が貴ブログに出会った頃は、ブログ開設から4~5年は経っていると思っていましたが、結構新しいんですね。昨年の今頃ということは、麻生内閣の時代ですね。いやあそれにしても偏向報道は恐ろしいですね。ちょうどその頃私は「国民が知らない反日の実態」の編集に明け暮れていましたが、麻生さんのしくじったところ(漢字読み間違いなど。)は針小棒大に伝え、すばらしい実績はろくに伝えない、「国民が知らない反日の実態」において「売国議員」扱いされているあの福田康夫さんでさえやることはきちんとやっていたのに、麻生さんほど厳しくはなかったにせよ、鳩山首相に比べて優しくなかったことに関しては、凄まじい違和感を覚えていました。
福田さんが首相をお辞めになるとき、「他人事のようにというふうにあなたはおっしゃったけれども、私は自分自身を客観的に見ることは出来るんです。あなたとは違うんです。」発言。自らの態度を冷静に判断できていました。
それに引き換え、鳩山首相や白眞勲議員の軽佻浮薄な態度には、目に余ります。福田さんのときと違って司直の手に落ちないとわからないのでしょうか?
鳩山由紀夫の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/559.html
白眞勲の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/903.html
2010-01-27 Wed 17:51 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
自民党は最後まで信じていたのだと思います。日本国民は優秀で我々のやっていることを理解している、マスコミの世論操作、情報操作には惑わされてしまうはずがない日本国民は優秀であると。しかし、去年の選挙でそうではないことが明るみに出ました。なので自民党はもう同じ失敗はせず、次の選挙メディア(ネットなども含む)を有効に使ってくると見えます。それは良いことだと思いますし、率先してやるべきと思いますが、民主のパクリ(たたく、だます)だけはやめて欲しいと思います。次の選挙で自民党がかつことをねがっています。
2010-01-27 Wed 18:56 | URL | 日本lover #-[ 内容変更]
・TBSラジオ「デイキャッチ」 2009年4月13日放送
出演した鳩山幹事長(放送当時)が、東大卒業後に留学したスタンフォード大学時代の話を披露
「友人の家に行ったら、大麻を栽培しているんですよ。売ってもいけないし、使ってもいけないのに、栽培するのは許されているんですね」

・二階堂.com 2009年12月23日
鳩山由起夫の同窓生からメールが来た。
 「(略)ハト首相は、スタンフォード時代にマリファナの経験があるようです。(略)  同時期にアメリカに留学していた大学教授より。」


鳩山首相の目は赤くありませんか?
マリファナ喫煙症状として、目の充血が進むそうです。
2010-01-27 Wed 20:03 | URL | 匿名 #-[ 内容変更]
一周年おめでとうございます。毎回鋭いブログの内容に楽しまさせて頂いております。売国奴達を早く一掃したいですね~。
2010-01-27 Wed 21:45 | URL | 未来 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-27 Wed 22:06 | | #[ 内容変更]
管理人様

一周年おめでとうございます!!
数ある素晴らしいブログのなかでも、最近は
こちらのブログをいつも一番に拝見しています。
管理人様とコメント常連の皆様の熱い思いが伝わってきて元気が出ます。どうも有り難うございます。

先月、憲政会館の集会参加の際、時間つぶしで国会周辺をうろうろしていましたが、平時でも警備が厳しいです。9条なんとかという左翼なゼッケンをつけた二人組がもくもくとマラソンしていましたが、許されるのはあの程度なのでしょうか。
売国法案の際にはまた与党が厳重警備を手配するのではと心配です。
2010-01-27 Wed 22:29 | URL | 一児の母 #G7brCG9w[ 内容変更]
2010-01-27 Wed 22:51 | URL | tokumei #JqfNL4Cg[ 内容変更]
國想う士たる貴方様のご健勝を祈念させていただきます。
今後とも宜しくお願いします。


一寸変わった話題を一つ。
何でも米国と支那が手を組んで北朝鮮を潰すと言う噂がアメリカから流れてきたとか。

「沖縄県民斯ク戦ヘリ:無理やり朝鮮統一か」
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2069.html

私は何と無く「朝鮮半島真空パック計画」を思い出しました・・・。
2010-01-27 Wed 22:55 | URL | unknown_protcol #eqP7eH0Y[ 内容変更]
[]
サイト一周年おめでとうございます。
これから困難もあると思いますが、かげながら応援してますので是非長く続けてください。

ところで、お縄の件、岡田に飛び火するというチラ裏がありました。中国の口座から6億円出たとか。
最低でも小沢の逮捕までいきついてほしいです。
2010-01-27 Wed 22:58 | URL | タロン #-[ 内容変更]
以下「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』」より
中井国家公安委員長はお辞めになるべきだ。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52423962.html
中井国家公安委員長は、日本の法治国家のありようをことごとく否定する発言に終始しています。
かつて「造船疑獄」で当時の法相が指揮権発動したことで、佐藤栄作さんをおとがめなしにしたことで、紛糾する事態を引き起こしました。それと同じ愚を犯す気でしょうか?
また金丸信さんも受け取った政治資金の金額にも関わらず、罰金20万円の略式起訴で済まされたことで、世間から大ブーイングの末、追われるように国会議員をお辞めになりました。
しかし今回の特捜検事はやる気満々で、上からの圧力があったら、捨て身の覚悟で臨むというから、本気度・使命感をひしひしと感じます。ぜひしっかりと背中を押してあげたい気分です。
一番いいのは、最高検察庁を人事院と同じように、憲法上「3条委員会」(公取も「3条委員会」です。)にして、実務上は会計検査院のように実質的には内閣から完全に独立した機関にすればいいのです。そうすれば「指揮権発動」の恐怖から救うことが出来ます。
2010-01-28 Thu 00:48 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
[]
ブログ1年おめでとうございます。
普段コメントはあまりしませんが毎日見てます。
これからも更新頑張ってください。

今年が日本を想う人々にとって良い一年になりますようにと心から願っています。
2010-01-28 Thu 03:17 | URL | 草莽の名無し #-[ 内容変更]
「ど」の字 様

コメント有り難うございます。恐ろしいですね...。

千葉県市川市議会は、民団説得(?)が実り、参政権反対派の陳情が棄却されました。在日韓国人に実質的支配される議会、地方自治体が、参政権がなくても内政干渉してくる在日韓国人の不当な圧力で簡単に変わることの実例を示しました。

外国人参政権成立前からこの有様では成立後にはどうなる事か...想像したくないです。
2010-01-28 Thu 07:57 | URL | francaise #-[ 内容変更]
[]
ブログ一周年おめでとうございます。
ますますのご発展をお祈り申し上げます!

今年は南京映画ラッシュです。
本当に無知は愚行しか生み出さない。

ジョンラーべにしろ、南京南京にしろ、日本人俳優が出演している事には本当に心の底から絶望します。

特にジョンラーべ出演の香川照之
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%85%A7%E4%B9%8B

浜木綿子と3代目市川猿之助の息子であり
親の七光でデビューしたものの、パッとしない彼が
一躍脚光を浴びるのは
カンヌ映画祭で審査員特別グランプリを受賞する
「鬼子来了」 (邦題は”鬼が来た”)
での演技が認められたからです。

日本での出演ラッシュも受賞ラッシュもまさに
「鬼子来了」以降に集中します。

しかも監督のジャンウェン(カンサンジュンのカンに文と書く)は中国におけるクリントイーストウッドのような存在であり チェンカイコー監督の始皇帝暗殺の際ももめにもめて撮影を降りた人物。その後別監督での始皇帝暗殺に出演するあたり、一筋縄ではいかない人物です。

ジャンウェンの妻はフランス人。(離婚したとも言われていますが)南京!南京!ではなく、中独仏合作のジョンラーべの出演を決めたのも この ジャンウェンの影響もあったかと思われます。

何しろ出世作の監督です。
中国そのものに大きな恩恵を感じていたのかも知れません。

東大文学部卒、つまり日本の最高学府である東大出の俳優が ジョンラーべの出演に対して
「本当に日本人が残忍な事を多くしてきたということを知った」と発言したことは大きい。

アボリジニ虐殺を日本軍の行為と
誠に身勝手で唖然とするオーストコリア映画
「オーストラリア」に対して
いくら米倉涼子が
「日本女性全てに見てほしい」と訴えたところで

あ、あんまり学校行ってない子だから
気にしないでwwとあしらえますが

香川の場合だとどうもそうはいきそうにないw
最高学府というブランドは未だに大きいものがあります。
ここらへんのチョイスが本当に
さすがシナ、と言わざるを得ません。

南京!南京!に出演したのは中泉英雄。
こちらはまだ無名ですが、今後の露出は織り込み済みでしょう。

試写会では罵声飛び交う中、それでも
日本からきてこの映画に出演するとは素晴らしい勇気だ。
と罵声を制する声に涙を隠さなかったと言います
(それこそ、まさにシナの謀略でしょうに・・・。)

あまり知られていませんが、南京!南京!の
助監督も日本人です。
http://j.people.com.cn/96507/96999/6644300.html

長くなりましたが、つまり、事実無根の南京映画を支える日本人の存在こそが、この捏造プロバガンダに信憑性を与えてしまっている。

まさに無制限戦争時代とも言える時代に生きている我々にとって、
日本の底力さんのようなブログは今後ますますその必要性を増すであろうということです。
(前置きにしちゃあ長いですねwすみません。)

これからのますますのご活躍期待していますよ。




2010-01-28 Thu 18:06 | URL | 虚弱 #-[ 内容変更]
[]
現実を直視したほうが良いよ。人口も少なくなるのだからお前らの好きな軍事力も総合的経済力も弱くなる。単純に見て50年以内に人口5000万以下になり小国になることは避けられない。個人の生産性を上げるとか、移民に門を開くとか、色々手を打っても、国力と言う点でアジアの隣国と対等かそれ以下になるのは避けられないよ。

対等と言っても韓国だけじゃないタイやフィリピンともだ。インドネシアは俺たちより上位に来るだろう。旧アジアの一等国と言う概念を捨て個人の生産性を上げ、他国と妥協し協調し軍事的政治経済的同盟を組み国を維持する。それしかないよ。Win-Win modelって悪い事じゃない。それを否定する奴はよほど自分の能力に自信がない人。
2011-01-19 Wed 11:14 | URL | 草莽の名無し #1jhbtX.k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。