日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
坂の上の雲 第2話
坂の上の雲 第2話 (無料視聴)

「日章旗に鳥肌がたちました」という、前回の感想をみて
こりゃ見ないとね。と、今回が初見。ヤバイ。オモロウです。
面白いのは当時の日本人が、魅力的だからだと私は思う。
小国日本でギラギラしていた男達。のちに生命と知能を懸け
世界最強ロシアとの戦争に勝った日本人達。そら尋常じゃないね。
人間が輝きすぎだよ。感動するよ。また小説読もうっとー。


坂の上の雲(NHK)動画ファイル(トレーラー)集
『第1話』を全編視聴
『第2話』を全編視聴


柔軟さと志の強さ大きさと優しさに触れ、彼らが体現する元気な日本
をみて日本が好きになるはず
。中高生はぜひ見るか読んで欲しい。


教科書じゃちらっとしか習わないけれども、正岡子規に惚れるでしょう。
プライドが高くて、小学校のときまで「まげ」を結っていたそう。
体が弱いけど、ひょうきんなムードメーカー。
のちに吐血しながら、皇国の筆を執るんですよね。
この男の力強い思いと筆に感動しますよ。仲間で一番早く死んで
寂しいんだよね。


今回秋山真之(弟)が大学予備門を退学して、海軍兵学校に入ったね。
天才の巣窟を「退学」して、軍人になる道を選ぶ。

運命を自ら創る。そしてこの決断が、日本の命につながる。
次回はいよいよ日清戦争。

最後のミラクル・日露戦争までの長い物語のはじまり。はじまり。

ここにでてくる日本人たちが、奇跡を起こす。

この小さな、世界の片田舎のような国が、はじめてヨーロッパ文明と血みどろの対決をしたのが、日露戦争である。 その対決に、辛うじて勝った。その勝った収穫を後世の日本人は食いちらかしたことになるが、とにかくこの当時の日本人たちは精一杯の智恵と勇気と、そして幸運をすかさずつかんで操作する外交能力のかぎりをつくしてそこまで漕ぎつけた。いまからおもえば、ひやりとするほどの奇蹟といっていい。

『坂の上の雲』司馬遼太郎著第1巻 P.77


「今から250年前までは」と、『ラペル』紙は、1912年に明治天皇の崩御を知って満腔の畏敬の念をもって書いています。

「日本については我々は、愛すべき美術と珍奇な品々をもった極東の一小国としてしか知らなかった。・・であるから我々西洋人は、どちらかといえば日本人を」小馬鹿にして、まあ、砲撃ぐらいしたってかまわんだろうと、たかをくくっていた。ところが、ひとたび神聖なる万乗の君(※天子、天皇を指す)が国政に携わるや、数年のうちに事態は一遍してしまったのである。かつてのサムライはプロシア式に練成された精兵となり、帆船は鋼鉄の戦艦となった(以下略)」

『明治 閃光の記憶』 竹本忠雄著
明治大帝崩御に寄せて 仏『ラペル紙』 P.8


ちなみに坂の上の雲
ただの小説と思ったら大間違いだよ
明治や情勢をしる資料としても豊富だよ

おいらの1巻



坂の上の雲〈1〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈2〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)

坂の上の雲〈4〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈5〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈6〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈7〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)

明治 閃光の記憶
★★★★★S級



関連:近代日本軍事費変遷がテラスゴスww



人気ブログランキングへブログパーツ 
↑1日1回、
応援のワンクリックをお願いします!


↓毎度アザっす!!
こちらもワンクリックお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
別窓 | NHKドラマ『坂の上の雲』 | コメント:17 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 坂の上の雲 第2話 | トラックバック:0 |
<<公安委員に極左の高木がコネ内定(ナチス民主党) | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 岡田がついに降参w普天間移設問題>>


この記事のコメント
おはようございます。
前エントリーから
To 管理者様
>それから隊長、素直なんですね。(笑)
>正直に話す、好感もてます、
>ガセにつかまされるのはよくあることです
こういう動乱の時代は、いろいろ情報が錯綜するので、「実はガセネタだった。」というのはしばしばなのかもしれません。まあこういう「情報がありますよ。」というだけでも有意義かも知れません。
もっともその後物知りの「ど」の字様に「それは違うよ。」と指摘されるかもしれませんが、でもそれはもっとありがたい。これによってもっと正しい情報がもたらされるので、かえってよかったと思います。
「マルコポーロ」において「ホロコーストがなかった。」とコラムを掲載して、ユダヤ人団体の猛抗議で廃刊に追い込まれた事件もありましたが、これらは察するにナチの残党グループがガセネタを世界中にばらまいて、混乱させている可能性も否定できません。
もっとひどい例で言えば、奈良県の騒音おばさん事件です。昔でいう「上祐ガールズ」、今でいう「市橋ガールズ」のような連中が、ガセネタをばらまいて、事件の本質を霞ませるということも有り得なくもないと思われます。
「被害者夫婦が、S学会信者だが、それを蹴ったからいやがらせを仕掛けた。それにキレて騒音を仕掛けた。」といったのが柱で、やたらと騒音おばさんを擁護するカキコミが多発したことを考えたら、今のデフコン5クラスの情報戦争の真っ只中の今ならガセネタがあちこちにばらまかれるのは、有り得なくもないかな?
その後週刊誌(それもS学会批判の急先鋒の週刊S)にこれらを「都市伝説」であるとして、報じられたので、私は騒音おばさん擁護論を信用していません。
>目標において一致団結していきましょう。
はい。引き続きお互い頑張っていきましょう。
2009-12-07 Mon 07:07 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
昭和13年 北京の日本兵 カラー映像
http://www.youtube.com/watch?v=RlkRKKPHfGA&feature=related

旧日本軍が当初から、悪逆非道で誰彼構わず殺しまくり、女性を見れば目の色を変えて強姦に勤しんだ(に違いない。)という“行き過ぎたプロパガンダ”は、全世界の中国人及びアメリカ人に大人気でありました。
米民主党のクリントン政権時代であります。
アメリカが江沢民政権と組んで日本を叩きに叩いていた狂った時代、アイリス・チャンは正義のヒロインでありました。

お陰で日本は、今日の様な斜め上の国になったよ。。。
ネットがなかったら、一億総情報弱者で、今頃もっとずっとお花畑になっていたでしょう。
2009-12-07 Mon 07:27 | URL |   #-[ 内容変更]
[]
ジャパンデビューで、NHKにはもう受信料払わないかなと思っていたらこのドラマ。NHKは日本を一体どうしたいのでしょうか?
2009-12-07 Mon 09:47 | URL | 宗兄弟 #-[ 内容変更]
「ど」の字です。おはようございます。

 自分が速読で本を読み漁って得た借り物の知識が役に立っているとするなら、これに勝る喜びはありません。
 読解力と構成力しかとりえの無い半端者ではありますが、これからも世界情勢や日本政治の分析を書き続けていきたいと思っております。
 思えば、良い時代に生まれたと思っております。
 マスゴミの欺瞞を暴く事の出来るインターネットというツールを、個々人が運用できる時代に生まれ合わせたのですから。
 もしかしたら、自分たちの言論力でかつてドイツや日本が辿った破滅の道を何とか閉ざすことが出来るかもしれません。そうなるべく努力と行動をしていきたく思っています。


 さて。本題に入ります。
 今後の日本人にとって多大なる影響を与えていくであろうNHKのTVドラマ『坂の上の雲』ですが、この作品を読んでいく上では注意点がいくつかあります。

①明治や情勢を知る資料としては、旧日本陸軍戦車兵であった司馬遼太郎氏の主観(陸軍悪玉史観・海軍善玉史観)が相当に入っていますので、そこを割り引いて考察する必要があること。
 日本海軍は大東亜・太平洋戦争において陸軍以上にとんでもない過誤を繰り広げて日本を亡国に導いていますが、その萌芽は日露戦争の時代でも存在しており、特に旅順攻防戦においては色々と誤解や責任転嫁が為されています。
 このあたりの事情を調べるに格好の書籍があります。
 当時の世界的軍事事情を知るにも良い著ですのでお勧めです。

旅順攻防戦の真実~乃木司令官は無能ではなかった~
著・別宮暖朗 ISBN4-569-66605-1 ¥648(税別)


②反日サヨクが跳梁跋扈するNHKにおいて、小説『坂の上の雲』をドラマにするに当たって反日的に捏造する可能性があること。
 現在はサヨク臭のする部分は無いようですが、これから何があるか分かりません。
 日本国民として注意して見ていく必要があります。
2009-12-07 Mon 12:20 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
人生をしっかり歩きましょう。
2009-12-07 Mon 12:33 | URL | YOSHI #Q.zvybpY[ 内容変更]
東京地検へお電話しました。
すると次のようなお返事をいただきましたv-363

「地検としましては、現在も捜査中です。こちら側からは、マスコミに正式な発表は一切しておりません。こう言っては語弊があるかもしれませんが、マスコミがどこかで調べて勝手に報道していると思っていただいて結構です。」

ということでしたv-364v-364
思わず「このままでは到底納得できませんので頑張ってください!」とお願いしておきました v-411

地検へ応援メールをどんどん送信しましょうv-424
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=006
2009-12-07 Mon 14:32 | URL | コロ #Fjgryyds[ 内容変更]
[]
1話、2話とも見ました!
当時の日本の心意気を知るには良いドラマで、感動ものです。この先、日露戦争を自衛の戦争と描くのか否か、注目です。

NHKでは、今夜も連日連夜、太平洋戦争の反省番組を放送するようです。もう吐き気がしてきそうです。戦後GHQが、元日本軍人に強要した戦争の反省会、そのままのようです。これには抗議しましょう。
2009-12-07 Mon 14:52 | URL | ochimusya #-[ 内容変更]
[]
http://pub.ne.jp/shadow/?daily_id=20090907
鳩山由紀夫は鳩山威一郎の子供ではないのではないか
という噂がありますが本当なのでしょうか。
2009-12-07 Mon 16:24 | URL | ka03 #laIirjiw[ 内容変更]
(1/3)売国校長を「高名な学者」と持ち上げる産経新聞の堕落・衰退
http://peevee.tv/v?65ij57
(2/3)売国校長を「高名な学者」と持ち上げる産経新聞の堕落・衰退
http://peevee.tv/v?65ilc0
(3/3)売国校長を「高名な学者」と持ち上げる産経新聞の堕落・衰退
http://peevee.tv/v?65io06
2009-12-07 Mon 18:12 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
長妻厚生大臣が、製造業に限り、派遣を禁止したそうです。

【政治】長妻厚生労働大臣、「製造業への派遣禁止」へ改正案

http://hurriphoon.blog89.fc2.com/blog-entry-114.html

本来ならば、3Kに代表されるように労働環境のよくない製造業で雇用を安定化するという効果がありますが、この不況下では、かえって失業率の上昇を加速させる恐れがあります。年越し派遣村というものが一時はやりましたが、この調子だとそれどころではなくなると思います。
2009-12-07 Mon 20:11 | URL | hurriphoon #-[ 内容変更]
「反日勢力を斬る」より

恐ろしい家族意識の希薄化
http://ponko.iza.ne.jp/blog/entry/1354364/
日本の伝統を省みない民主党らしさを如実に現しています。
過去にもスターリンがそれと同じことをやって、堕胎と離婚が増えて国がめちゃめちゃになりました。
その後の政権がスターリン批判した上で、逆コース(揺り戻し)が起きたのですが。同じ愚を犯すんじゃないよ!

小沢一郎とヒトラー
http://ponko.iza.ne.jp/blog/entry/1355947/
このページを読んだら、さしものヒトラーも草葉の陰でぶちギレることでしょう。「オレは売国奴じゃねぇ!」と。

民主党政権で日本経済が危ない
http://ponko.iza.ne.jp/blog/entry/1357109
「貧乏人は麦飯を食え!」(正確には違いますが。)と池田隼人が国民に忍耐を求めていた時期がありましたね。
これは「所得倍増計画」ですが、その裏には官民一体となって国を豊かにしたと言えましょう。
もっとも今の愚民連中だったら、池田隼人を殺した可能性も否定できません。

いずれにせよ鳩山政権がやっていることは、自民党の劣化コピー?いやそれにも劣ります。
今の日本の愚民連中は、常軌を逸した潔癖症で、多少ダーティーだからといって、最終的にはお国を想ってくださる方たちを、恐れ多くも平気で切り捨てます。中川昭一さんの件は典型的です。
だからこそ「宇宙人」な鳩山首相を平気で持ち上げるのかな?

最後に押尾学容疑者が再び逮捕されましたね。どうやら黒い勢力がバックに存在している気がします。ましてや押尾氏自身も素行が悪いわけですから、それは平均的な人より大有りと見ています。
私は、過去にもある筋に「押尾学さんをよく洗ってください。」とメル凸しましたが、ある意味その効果が出たかどうかは、わかりかねますが、これを突破口に芸能界にはびこる反日朝鮮勢力を徹底的に洗っていただきたいです。
そうなれば最終的には、その権化のS学会にたどり着くと思われます。
2009-12-07 Mon 22:13 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
国家公安委員に高木・前連合会長
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091207-OYT1T00028.htm

チラ裏では「ビンラディンがCIAの長官になるようなレベル」と書かれています。

国家公安委員に中核派極左テロリスト、高木前連合会長を任命http://chiraurasouko.blogspot.com/2009/12/blog-post_5458.html#more

警察を監視する公安にこんなのが居たら逮捕はどうなるんだ?
2009-12-07 Mon 22:17 | URL | ローズマリー #JyN/eAqk[ 内容変更]
[]
別宮暖朗は色々勿体をつけながらも南京で数万人規模の虐殺があったなどと公言している売国野郎です。気を付けましょう。
2009-12-07 Mon 22:24 | URL | 別宮は絶句 #-[ 内容変更]
To ローズマリー様
この件、明日にでもCIAに報告しようと思います。
こんなバカなことをやって、国の道を誤らせるなど言語道断です。こんなことをやっていたら、あちこちの警察で、「坂本ビデオ問題」的な事態が多発してしまいます。
日本の国の道を誤らせる=日米安保体制の破綻です。CIAも黙っちゃいないでしょう。
2009-12-07 Mon 22:58 | URL | CIAメル凸推進委員会 #3un.pJ2M[ 内容変更]
[]
坂の上の雲マジ面白いです。
ドラマ化するなら好ましくないものにされるのかなと期待はしていませんでしたが、実際に見ると止まりませんでした。
原作はまだ読んでいませんが、是非今度読んでみたいです。DVD出ますよね?貸し出ししたら最初から見たいわ。
このドラマがすんなり受け入れられたし、面白いと思ったのは第二次が直接絡んでないせいか主人公達が軍に対して肯定的で「戦争?軍?そんなものになるなんて」という周囲の反応もないからなのかなあ
2009-12-07 Mon 23:06 | URL | タロン #-[ 内容変更]
>別宮暖朗は色々勿体をつけながらも南京で数万人規模の虐殺があったなどと公言している売国野郎
 自分が書籍から見るところ、そんな発言を故無く行うような人間には見えなかったんですがね……。
 読み違いでは?出典があれば知りたく存じますが。

 南京では確かに死者が出ていますが、それは都市守備隊を放置して敵前逃亡をした指揮官と指揮官を無くしてテロリスト同然の民間人偽装をした中国兵にあるのであり、日本軍に責任があるのではない事は明白。
 だいたいその後南京の人口が膨れ上がっているところから、南京を占領した日本軍が中国の民衆にどう見られていたかも明白。
 あれを虐殺だのなんだのとは片腹痛い。
 人口20万人弱の城塞都市で、30万だの50万だの死者が出るなんて有り得ないでしょ常識的に考えて。
 無抵抗のまま斬られて増えるプラナリアじゃあるまいし。


>>ローズマリー様
 こんな人事、国民側からリコールなど出来ないんでしょうか?
 犯罪者に警察の統率をさせるようなものでしょう!
 正直に言って、日本のためにCIAが……と言うか世界の先進国が……動いてくれるとは思えません。(理由は別の機会に述べたいと思います。そのコメントのタイトルは『「お前も少しは負けておけよ日本」~勝ち過ぎ日本に対する先進国の本音~』とでもなるでしょうか。)

 日本国民として動くべきです。
 自分たちが!
 さもないと本当に日本が共産化されてしまう!
2009-12-08 Tue 00:04 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
[]
ローズマリー様>
こりゃまたどえらい事になりましたなぁ。亡国法相千葉景子とのコンビを考えたら、支那共匪並みの事態(私の予想では「行動する保守」系団体の方々の不当逮捕)に直結しそうですな。
なので、うちのブログでも取り上げさせていただきました。
事後報告で御免なさい。

で、一寸方向が変わりますが、
http://kampo.umin.jp/
↑件のこの署名、12月12日まで受付期間を延長との事。
し忘れていた方や、新規に署名をしたい方は是非。
2009-12-08 Tue 00:23 | URL | unknown_protcol #eqP7eH0Y[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。