日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
西太平洋に穴空くと中共突破-風雲急なるを告げる日米情勢【地政学で読む】
西太平洋の海洋戦略空間に穴が開く可能性

お花畑カス山総理のおかげで、
東亜安全保障がくすぶってまいりますた。


ことは戦略的に、思ったよりも深刻と見るべきです。


アメリカ、15年かけた計画がパァ。
マジギレ寸前の巻。

マレン米統合参謀本部議長「普天間移設遅れれば死活的影響」(MSN産経)
来日した米軍制服組トップのマイク・マレン統合参謀本部議長は23日、都内の米大使館で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について、「日米合意の履行が遅れれば日本の防衛だけでなく、アジア太平洋地域の安定にも死活的影響が生じる」と強く警告、普天間移設の速やかな実現を要請した。

 マレン議長は、2006年5月に日米が合意した現行合意について、「15年近くかけてあらゆる選択を日米で検討した結果で、普天間移設とその他の部分はみな連動している」と指摘。グアム移転も含めて普天間移設の計画通りの実施が絶対条件であり、それなしには日本と地域の安全が担保できない-などと語った。


マレン統合参謀本部議長「強い警告」


「この時(議長は)、MUSTという大変強い表現を使いました」(安藤アナ)



マレン議長が「アジアの安定に死活的影響」とか、
「それなしには日本と地域の安全が担保できない」

と強く警告しているのは、

前回書いたように、米国の戦略空間にが空きそうだからだす。


地政学的にみた日本・沖縄の重要性 → 前回記事参照


SEAPOWER VS LANDPOWER/ GRAND MAP


これが米戦略の原典ですよ。
海洋VS大陸
米地政学者スパイクマンの地図。

リムランドは地政学で言えば大陸を封鎖する黄金の島(国)です。
リム(rim)とは端っこの意味。


日本はハートランド(大陸)の東端に位置するリムランド
前回指摘したとおり、地政学的に大陸国家を封鎖しています。


この役割を果たしているのが日本、特に沖縄・台湾です。


米軍はここに巨大空軍基地を設けることで、
東シナ海を内海化し、

大陸国家(特に中共)の出口を塞いでいるのです。
(海底には米軍が埋めたSOSUS網という特殊なレーダーが張ってあり、
世界最強に匹敵する自衛隊の潜水艦が待機している)


日本列島は、かように地政学的にきわめて重要な宿命を帯びた列島です。


それがあろうことか、まさかの売国民主(鳩山政権)の
花畑+反米思考によって、
米国の「海洋戦略空間」に穴が開こうとしている。


沖縄という要衝地が空白化すると、前回かいたとおり。


白オセロが黒オセロに引っくり返され、
西太平洋の穴から中国の潜水艦突破することになり、


グアムに突き抜ける「海路」が出現します。


このことで今、アメリカの世界戦略に根源的な影響が生じようとしている。
同時に、日本も大変なことになります。


なぜ危険かといえば、中共

中共の、外洋進出の野心を知るとよい。
太平洋突破を2段階でもくろんでおり、第一列島線構築が2010年、
東シナ海を抜ける第二列島線突破は2020年と設定されているのだ。


これは文字通り2020年までに
日本から制海権を奪うという意味。


李鵬前首相の「2015年日本は消滅発言は

この戦略タームの間を取られている!!



「(無知な)平和主義者が戦争を起こす」

という格言があるがまさに鳩山的無能思考が

東アジアのパワーバランスを崩す危険な状態なのだ。



マラン議長が言う「死活的問題」の背後にある意

味はまさにそういうことである。

ことの深刻度の大きさを矮小化してはならない。



参考:
日米関係の亀裂が、今や決定的となった
(米保守系シンクタンクAEI論文)/とてつもなく日本




人気ブログランキングへブログパーツ 
↑1日1回
応援のワンクリックをお願いします!

↓毎度アザっす!!
こちらもワンクリックお願いします!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



軍人は地図で読む。
地政学を知っていると世界情勢がよりディープに読めます。



地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))
曽村 保信
中央公論社
売り上げランキング: 53163
おすすめ度の平均: 4.5
3 地政学とは何かを知るのに役に立つ
5 地政学の入門書として適度な難易度。色あせない古典。
4 基礎知識
3 タイトル通り、地政学入門
5 国際関係を理解する上での必読書


悪の論理―地政学とは何か (角川文庫 白 267-1)
倉前 盛通
角川書店
売り上げランキング: 123732


地政学―アメリカの世界戦略地図
奥山 真司
五月書房
売り上げランキング: 178576
おすすめ度の平均: 4.5
5 地政学に興味があるなら読むべき
4 国際政治学の潮流を説明
5 現状維持よりも良い4番目の選択肢が必要である
5 「ないこと」になってる学問
5 はじめの一歩


平和の地政学―アメリカ世界戦略の原点
ニコラス・J. スパイクマン
芙蓉書房出版
売り上げランキング: 104533
おすすめ度の平均: 5.0
5 第二次世界大戦中の「アメリカの危機感」
5 戦略学の必読文献

別窓 | 防衛 | コメント:6 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 西太平洋に穴空くと中共突破-風雲急なるを告げる日米情勢【地政学で読む】 | トラックバック:0 |
<<鳩山所信演説「ヒトラーユーゲントみたい」「少女マンガのシーンみたい」酷評。w | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 鳩山また資金法違反w「友愛に基づいた社会をつくろう」と統制国家化を目論む鳩山総理の死期は近い?>>


この記事のコメント
鳩山氏の演説、今やってます。聞くに堪えません。友愛ひけらかしてます。麻生さんさんのあきれた顔が印象的でした。この人は本当にあほです(汚い言葉ですいません)
2009-10-26 Mon 14:29 | URL | 未来 #-[ 内容変更]
[]
未来さんに同意
バイトから帰ったらやってたんで見てますが
ブレるとかの前に聞くに堪えないです
嘘ばっか・・・

なんかスマトラ地震の事言ってましたが
電話がうるさいからと嫁とホテルに泊まってたバカは
誰だよw


2009-10-26 Mon 14:54 | URL | こなほく #tLJy6ITg[ 内容変更]
アメリカが瓶の蓋をしても「底」が抜けているのですからこの政権は痛くも痒くまなく「友愛」の寝言で一筋で日本崩壊の道筋をつけている。

政権の今までを見ると、影の内閣とは一体何だったのでしょう?準備もない処に政権が転がり込んだ慌てふためいて言葉だけで誤魔化してきた、パフォーマンスで仕事をしているようでも、全てが中途半端でストップ、この中で演説をぶたなきゃいけない苦しさなど平気の平左「夢物語」を語る新首相の姿、うすら寒い想いで居ます。
2009-10-26 Mon 16:34 | URL | #kU3g/2a6[ 内容変更]
[]
地政学的な視点は、かの青山繁晴氏も言われてますね。
岡田の発言は皇室解体への第一歩でしょう。
2009-10-26 Mon 18:45 | URL | ご近所 #yuud/wOs[ 内容変更]
いよいよなりふり構ってはおれない状況になってきました。
参院選までに日本を守る気概を持って、個別にビラ配りとか徹底した行動を起こさないとまけてしまいます。何とかしなくてはと思っている人も日本中には沢山いることでしょう。ほかのことでビラ配りしたことがありますが、はじめは気恥ずかしく、大変でしたがそのうちなれてきました。さらに使命感を持てばやれることです。がんばれば一人千軒ぐらいは可能です。100人がんばれば十万軒、まあ計算通りにはいきませんが、大きな力になるのではないでしょうか。効果的なビラを作って、お互い同士がいると思えば励ましになるでしょう。大きな力がわくのではないでしょうか。
2009-10-26 Mon 20:27 | URL | 真一人 #-[ 内容変更]
>>真一人さん
 ビラ配りは大きな力になりますが、今はそれよりもマスコミやそのスポンサーに対する抗議の声をネットから(掲示板やメールで)上げていくことのほうが効果的と存じます。
 目下、マスコミは広告料の激減に七転八倒しているそうですので、もう一押しすれば決定的な効果が得られるでしょう。
 幾ら何でも、この法治国家たる日本で自分の意のままになるマスコミを飼うなどという恥知らずな事はしないと思いますので(いや、切羽詰ったらやるでしょう。ただ、実行した瞬間に民主党は潰れるはずです)。

>>猪さん
 アメリカは見かけほど余裕がある状態では無いので、そろそろ行動に移るのではないかと思います。
 日本がアメリカから離れて存続し得ないように、アメリカが日本を手放すのは世界の覇権を失って衰退することに直結しますので。
 ただ、自分は日米の民主党政権によって作り出されたこの不安定な世界情勢が、突発的な戦争に結びつかないかと懸念しております。
 現実を見ない夢想的平和主義者はかえって戦争の危機を招くことを、民主党政権は理解出来ないのでしょうかね?全く呆れ果てた話です。


 日本のマスコミは、捏造報道によって世界の常識に基づいた正論を考える人間を世間から疎外することで孤立感を与え、それによって日本という国の存続を諦めさせようとしております。
 それに乗る事無く、一つずつマスコミの嘘を身近な場所で暴いていくことこそ肝要です。
 まずは手の届くところからやっていきましょう。

 あと、何よりも、現在政界で戦っている有力な保守政党である自民党に対するエールを贈りましょう。
 自民党のこれまでの言動に対しては自分としても言いたい事は色々ありますが、今の谷垣総裁に率いられた自民党は少なくとも日本を解体しようとする輩と戦おうとしております。
 彼ら保守勢力を孤立させてはなりません。
2009-10-26 Mon 23:50 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。