日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
北米における日本製の評価
北米に住んでいると、海外で日本製品がいかに高く評価されているかに、びっくりさせられます。

外人は日本と名のつくものが好きです
・日本製 (デジカメ、液晶TVはほぼ日本製!カナダで一番売れている車はCIVIC)
・日本食 (特に寿司)
・日本人 (特に女の子)


日本製のイメージとは?
・高品質、高い技術力、信頼感


因みに「ノキア」「モトローラ」も、日本のブランドと思われています。
理由を聞いたら、名前が日本っぽいから。笑

ただ、サムスン電子は韓国のエリート集団であり、毎週新機種を出すような新製品の開発力とインパクト、マーケティング、垂直統合戦略で今までSonyが圧倒していた世界市場に食い込んできているのが深刻な事実です。学生の間では誰もサムスン製を欲しいと思っている人はいないのですけどもね。頑張レ日本!!


サムスンは日本製? 米大学生の多くが勘違い(共同通信)

【ニューヨーク25日共同】サムスン、ヒュンダイは日本のブランド?世界的なブランドがどの国のものか、米国の多くの大学生が勘違いしている実態が、米調査会社のアンケートで明らかとなった。  それによると韓国の電子機器メーカー、サムスン電子の「サムスン」は57・8%、自動車大手の現代自動車など「現代(ヒュンダイ)」は55・7%の学生が日本のブランドと思い込んでいた。フィンランドの通信機器「ノキア」、米通信機器「モトローラ」も日本製との答えが一番多かった。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は37・3%が日本製と答えたが、米国製と答えたのも33・7%あった。  どの国の製品が良質かとの問いには、日本と答えたのが81・8%で最多、次いで米国(78・5%)ドイツ(77・1%)だった。  調査は2006年後半、約1000人の大学生を対象に実施した。



クリックをお願い致しますブログパーツ
別窓 | 日本の凄さ | コメント:0 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 北米における日本製の評価 | トラックバック:0 |
<<回天特別攻撃隊 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 日本の皆様、靖国神社を守って下さい>>


この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。