日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
カナダ紙「2600年前のJIMMUのご子孫」と報道!カナダご訪問


Majesties the Emperor and Empress of Japan will visit Canada from July 3 to 14, 2009. This will be Emperor Akihito's first visit to Canada since he visited as Crown Prince in 1953, touring several Canadian cities en route to the coronation of Queen Elizabeth II. (Accompanies Randy Boswell Story, The Ottawa CitizePhotograph by: FILE PHOTOS 1953, JAPANESE EMBASSY PHOTOS


天皇陛下皇后陛下におかせられましては、現在7月3日よりカナダ各州、米ハワイ州に
行幸されるご予定です。無事カナダの首都オタワにご到着されたようです。

カナダから長らく、招待のお呼びがあられたそうで
今上陛下におかせられましては57年ぶりにカナダの地を踏まれたとのことです。


カナダの新聞で
世界で最も長い君主
2600年前に遡るBC7世紀の神武天皇の子孫と書いてありました


Canada welcomes Japanese emperor
By Julian Beltrame, THE CANADIAN PRESS


OTAWA - Foreign Minister Lawrence Cannon and International Co-operation Minister Bev Oda were prepared to bow as the 125th holder of Japan's Chrysanthemum Throne disembarked from his plane Friday afternoon.

オタワ- ローレンス・キャノン外相とオダ・ベブ国際協力相は金曜午前、125代目にあたる日本の天皇陛下が政府専用機からお降りになるのでお辞儀(bow)をする準備ができていた。

But in a modern, non-assuming manner that has become a trademark for Emperor Akihito, he offered the uncertain Canadian ministers a royal palm to be pumped for a handshake.

しかし、モダンで型式にはまらない明仁天皇(※モダンとは今上陛下が皇太子殿下であらせられたときに、皇太子妃を民間からお召しなられたことからきています)は、どのようにお迎えするか不確実であったカナダの大臣たちに王の手(royal palm)を差し伸べられた。

"Well, the emperor extended his hand and in that way one acknowledges his choice," said Cannon.

キャノン外相は、「天皇陛下が手を差し伸べられたので、挨拶の仕方がわかったんだ」と言った。

Oda, who is of Japanese ancestry, also bowed, but in the excitement of the moment, Cannon said he could not recall.

日本人の先祖を持つオダ大臣もお辞儀をしたが、一方のキャノン外相は興奮のあまり、覚えていないという。

"The bow came naturally to me," she said.

The confusion is understandable. It's not every day the ministers get to meet the descendant one of the world's longest-lasting monarchies, dating back more than 2,600 years to Jimmu in the seventh century BC, who until relatively recently, would have been considered divine.

混乱も理解できることである。遡れば紀元前7世紀における2600年も前の神武天皇から継続している、世界で最も長い君主に会うことなど、大臣にとってそう滅多にはないからだ。しかも、その君主はつい最近まで神(divine)と思われていた方。


For some old-fashioned Japanese, Akihito, who was accompanied by the Empress Michiko, is still a god-king.

今でも古風な日本人にとって、美智子皇后陛下をお供にされる明仁天皇は、神の王なのである。

A spokesperson for the Japanese embassy said the proper protocol is to bow, but it is also proper to follow the emperor's lead. It also appropriate to engage the emperor in conversation of he starts the discussion.

日本大使館のスポークスマンは、「儀礼ではお辞儀をすることとなっているが、陛下のご行為に従うことも適切です」と話した。

Dignitaries weren't alone in getting instruction on the dealings with the emperor. The embassy also sent out an advisory informing the media they are "not permitted to call out to Their Majesties nor point a microphone at them."

高官だけでなく、メディア側も陛下に「陛下」とお呼びしたりマイクロフォンを向けては行けない旨(プロトコル)が通達されていた。

Akihito has not been in Canada since 1953, when he was the heir to the throne, but is making up for lost time with an extended visit lasting 12 days, in which he will visit Ottawa, Toronto, Vancouver and Victoria, meeting with Governor General Michaelle Jean and the prime minister.

明仁天皇は、皇太子時代の1953年以来、カナダにお出でになられていないが、時間の空白を埋めるために12日間に及んでオタワ、トロント、バンクーバー、ビクトリアをご巡幸し、カナダ総督と首相に面会する。

The official reason for the visit is to commemorate the 80th anniversary of the start of Canada-Japan diplomatic relations.

今回の公式な訪問理由は、修好80周年となっている。

But the visit will have special meaning for the 300,000 Canadians of Japanese ancestry who have never had a chance to see Their Majesties in person.

しかし、この訪問は天皇陛下に今まで一度もお会いしたことのない30万人の日系人にとって、特別な意味をもっているだろう。

Oda noted that Canada's relationship with its Japanese ancestry residents had "a hiccup" during the Second World War, when they were rounded up and placed in internment camps.

Although she was born in Thunder Bay, Ont., Oda admitted it was a "very special" moment for her, but not so special as it will be for her mother when she gets to meet the emperor in the next few days.

・・・オダ国際協調相は、両陛下を迎え入れたことを「非常に特別な瞬間」としているが、数日後に陛下に拝謁することになる、86歳にもなる彼女の母親に比べればまだまだである。

"In fact she's home watching. She's very excited. You can appreciate for that generation - she's 86 - they still have that respect for the emperor and empress," Oda said.

「実際に彼女は家で見ることになります。でも彼女はとても興奮しています。彼女は86です。彼女達は、天皇皇后陛下に対して、特別な敬意を持っています」とオダ相は話した。

Beyond symbolism, Angela Nakamura Hollinger of the Canada-Japan Society in British Columbia said the visit will open some doors to commerce between the two countries.

"Canada doesn't have a media presence at all in Japan, so this is very important in raising awareness of Canada there, especially for businesses," she said. She added that the emperor visiting Canada when swine flu is still present could give some reticent Japanese tourists the courage to chance a visit themselves.

Given the sheltered nature of official visits, it is unclear how much of the emperor and empress ordinary Canadians will get to see, despite the length of the visit.

If they did, what they would find a royal couple with a somewhat independent streak and very few royal airs.

Akihito broke tradition by marrying a commoner, as did his son.

During the World Cup in 2002, Akihito was advised against visiting South Korea for the World Cup, but encouraged Prince Takamado to make the trip in the hope that it would bring the bitter historical rivals closer together. Indeed, on his 68th birthday, Akihito surprised many by openly acknowledging his Korean roots.

"I, on my part, feel a certain kinship with Korea, given the fact that it is recorded in the Chronicles of Japan that the mother of Emperor Kammu was of the line of King Muryong of Paekche," he said.

He reportedly lives a quiet, simple life. He arises at 6:30 each morning, watches the news and then goes for a walk with the empress around the closed Imperial Palace in downtown Tokyo. Afternoons are filled by official business.

In his spare time, he works on his biological studies and has become a world expert on the humble goby fish, having published 38 peer-reviewed papers on the subject.

Evenings are filled with official receptions and banquets, after which the couple are said to enjoy watching nature programs on television.

And like most parents, he believes his son does not bring his granddaughter around enough, going so far as to issue a rare public rebuke to Haruhito, the future emperor.
-------------------------------------------------------------------

海外からは皇室はかく見られている、
ということがわかる、素敵な記事ですね。


記事にありますように、
天皇皇后両陛下は、カナダ各地の日系センターにご訪問される予定です。


カナダの日系BBSでは、日の丸が売り切れ!だとか、会社を休んで
お迎えにあがりたい、服は何を着ていきますか、これは一生に一度なので、お迎えしたいのですが、など非常に盛り上がっています。


ご到着時は、中継も行われたとのことで国を挙げての歓迎です。
特集番組が組まれているようです。
実際のご巡行がスタートする来週には、沢山の報道がされることが予見されています。


天皇陛下は、世界で現存する最古の王族(ロイヤルファミリー)であり、
神話から万世一系を継承しているという、世界でも特別な家柄であらせられます。


今回、カナダは両陛下のカナダへのご行幸を、何年も前から願っている経緯があり、
天皇皇后両陛下におかせられましてはこのように、日本とカナダ(或いは他国)の友好関係に
甚大なる影響を及ぼされています。


平成21年6月30日(火)
カナダ国及びアメリカ合衆国ご訪問に当たり天皇陛下のご感想(宮内庁)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gaikoku/gaikoku-h21-northamerica.html
この度,カナダ総督閣下からの御招待により皇后と共にカナダを訪問することになりました。日加両国は,戦後の外交関係再開以来,緊密な友好協力関係を順調に築き上げてきました。今般,私どもに長らく招待を寄せられたカナダ政府の好意にこたえ,訪問を実現することができるようになったことをうれしく思います。

私のカナダ訪問は二度目になります。前回の訪問は平和条約が発効した翌年の昭和28年(1953年),私が19歳の時のことでありました。この年の6月,エリザベス女王陛下の戴冠式が行われ,私は昭和天皇の名代として式に参列するため英国に向かう途次,カナダを訪問いたしました。今回も訪れる予定であるビクトリアのブリティッシュ・コロンビア州副総督官邸は,私が外国の地において初めての夜を過ごした所です。当時のマッシイ総督,サンローラン首相,ウォーレスブリティッシュ・コロンビア州副総督始め,日系カナダ人を含むカナダの人々から寄せられた厚情は忘れ得ぬものであります。また4晩3日を車中で過ごしたバンクーバーからトロントに至る鉄道の各駅で,厳しい寒さの中,迎えに来てくれた日系の人々の温かい気持ちは深く心に残るものでありました。それから56年,今回,カナダを訪問したことのない皇后と共に,再びこの国を訪れることを心よりうれしく思います。

日本とカナダの間では,近年,様々な分野で友好協力関係が,進展しており,さらに昨年来,修好80周年を祝して,両国それぞれにおいて様々な記念行事が開催されております。この度の私どもの訪問が,両国間の相互理解と友好関係を一層深めることに資するよう願っております。(後略)


全ご巡幸のご無事にすまされますことをお祈りいたします。




人気ブログランキングへブログパーツ
↑人気ブログランクで、応援のワンクリックをお願いいたします

↓領域拡大するためもういっちょ、お願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



別窓 | 万世一系の天皇 | コメント:5 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - カナダ紙「2600年前のJIMMUのご子孫」と報道!カナダご訪問 | トラックバック:1 |
<<川勝氏は正当保守派 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 元「日本人」である台湾人を描く映画>>


この記事のコメント
[]
素敵な記事をありがとうございます。
日本のメディアは偏向報道がひどく、こんなに歓迎されている事実を知ることができません。
私はつい最近「国民が知らない反日の実態」というサイトで本当の歴史、皇室の価値を知りました。
日本がいま危機に立っていることも。
上記サイトの「小和田家の正体」を見てください。
2600年以上も続く万世一系も危機的状況です。
2009-07-07 Tue 00:09 | URL |  hiro #-[ 内容変更]
hiroさん

反響のコメントを寄せていただき有難うございます。とても嬉しく思います^^
カナダで今日見られた方は、「一生忘れられない思い出」と書いてらっしゃいましたよ^^

ところで、件の動画について拝見いたしました
これは・・・
このような経歴があって
経歴調査で問題にならなかった、あるいは表沙汰に
されなかったのはやはり創価系の宮内庁職員が阻止したからなのか?・・・

皇室に関しては、生半可なことを書きたくないとの思いがあるのですが・・
大変気になります。そうなると、妃殿下の行為が気になります。
これはちょっと不気味ですね。
貴重な情報、有難うございます。
2009-07-07 Tue 02:06 | URL | Chonmage fighter #-[ 内容変更]
[]
はじめまして。21世紀の現在では英和辞典のエンペラーの項目は天皇陛下のためにのみ存在していると言っても過言ではありません。我らの「天皇」陛下は日米和親条約以来ずっと世界公認のエンペラーです。天「皇」称号を歴代中華帝国に対しても用い続けてきました。インド帝国が独立し、イランやエチオピアの君主制が崩壊した現在世界唯一にして最後の皇帝陛下ということになりますね。日本の世襲君主制度は世界に誇るべき文化遺産です。我々日本人は世界中の辞書から「エンペラー」の項目を消させないようにするという義務あるいは特権を負っていると考えます。秋篠宮御夫妻の中東欧御訪問は事実上一国の君主に準じた礼遇のようでしたが、この時の海外報道でも日本皇室に最も敬意を表してくれたのが実は海外メディアであったとは何と皮肉なことでしょうか。日本の大手マスコミの腐敗堕落左傾化傾向は全く目に余るものがあります(皇室報道に関してはフジサンケイグループは除きますが)。世界で最も反日的、反皇室的な日本の大手偏向マスコミに怒りを覚えるのは私だけなのでしょうか?。
2009-07-12 Sun 15:57 | URL | ツシマ #ECn66tzA[ 内容変更]
ツシマさん

はじめまして。熱血コメント、ありがとうございます。
エンペラー!まさに日の本の天皇陛下の為の現存する言葉です。
海外報道を見ていると、the last and the only remaining Emperorとしています。素晴らしいですね。
従って世界中の辞書からこの単語を消さない責務が日本人にある、というご指摘は、
奮い立つものがございます!
海外メディアの方が敬意を表してくださる、外人の方が価値を知っているのではないか?
と思い、日本人として嬉しいですが、反面日本メディアへの失望が際立ちますね。

仰る怒り、バカ左翼メデアにぶつけていきましょう!!!!!
2009-07-14 Tue 23:33 | URL | Chonmage fighter #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-31 Sat 20:14 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
天皇陛下皇后陛下は、2009年7月3日よりカナダ各州、米ハワイ州に行幸されました。その時の動画を中心に紹介させていただきます。 カナダの新聞では、「世界で最も長い君主 2600年前に遡るBC7世紀の神武天皇の子孫」と紹介されていたそうです。 …
2009-10-29 Thu 10:39 瑞穂の国日本
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。