日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
皇室が何故世界で最も尊いのか【2】-天皇の祈り
平安時代、西行が、

伊勢神宮に参拝した時に、詠んだ歌があります。


何事の おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる


どなたがいらっしゃるか分らないけど 尊い と。


時は移って江戸時代、この伊勢神宮を参拝する、「お陰参り」が、発生しました。


これは、60年周期で日本中に自然発生した、お伊勢さんへの集団参拝のことで


伊勢神宮に祈りに、全国から人が集まったのだという。


江戸明和の時は、3ヶ月間で、300~400万の人が、伊勢神宮に殺到した


というエピソードも残っている。


さて、なぜ、伊勢神宮はこれほど尊いのか



そこに祭られている、ご神体こそは、全125代の皇祖神 天照大御神です


伊勢神宮

ご神体: 八咫鏡 天照大御神(皇祖神)



歴代の天皇は

伝統を守るということ、宮中祭祀を通して「祈り」を続けるということに

最も力を入れておられますが、

皇室が守る 1500年つづく「祈り」の伝統とは何か。


それを物語る 驚くべきエピソードを一つ。

早速ですが、数年前に伊勢観光協会の山中隆雄会長のお話を
伺う機会があり、大変感動したので、お知らせしたくメールさ
せていただきました。

 外宮の御饌殿(みけでん)では、朝夕の1日2回大御饌祭
(おおみけさい)を行っているそうです。6人の神官が前日か
ら泊り込み、禊を行った後、朝500m離れた山の中へ水を汲
みに行き、木と木を擦り合わせて火を起こし、ご飯を炊き、神
宮の農園で取れた米や野菜、果物を使用し、神事を行っている
そうです。

 このような手間隙をかけて、日本の国民が今日一日食べ物に
困らないようにと、祈っているそうです。私はそれだけでも、
すごいことだと思ったのですが、なんとこの神事は、記録の残っ
ているだけでも、1500年もの昔から一日も欠かすことなく
行われてきたそうです。
大東亜戦争で空襲のあった日も、伊勢
湾台風で水害にあった際にも欠かすことなく、行われてきたそ
うです。

その様なことが、当たり前のように行われてきた、聖地だから
こそ、「なにごとのおはしますかはしらねどもかたじけなさに
なみだこぼるる」という雰囲気が無言のうちに参拝者に伝わっ
てくるのだと思います。
            出典:377 伊勢神宮を支えた千数百年(JOG)


これだけ、手の込んだ大御饌祭(おおみけさい)を1500年間、1日も欠くこと無く続け、


人知れず、国民のために、「祈り」をされていたのです。



天皇、皇室は、「無私という点に於いて、我々とは全く次元を異にする」 (『新編宮中見聞録』)


西行法師の感じだ、尊さが、このようなところから出ている

のではないかと思います。


天皇、皇室が何故尊いのか?


それはこの無私の「祈り」があるからです。

国民と、世界の全ての人々に、端座して「祈り」をお捧げになられているからです。


この大御饌祭(おおみけさい)に関して、


小林よしのりさんが詳細に語っている動画 




※残念ながら、当エピソードは、『天皇論』には収録されていません
 

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
小林 よしのり
小学館
売り上げランキング: 24
おすすめ度の平均: 5.0
3 女系OKなの?
5 最新刊
5 無理なく読める
5 パラオのおじいさんの言葉と「天皇論」
5 日本を知るための良書


宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして
木下 道雄
日本教文社
売り上げランキング: 305380


カテゴリー:万世一系の天皇
皇室が何故世界で最も尊いか?-日本の皇室を讃えたアインシュタイン博士-【1】
皇室を通して一体となる日本人

人気ブログランキングへブログパーツ
↑応援のワンクリックをお願いいたします
別窓 | 万世一系の天皇 | コメント:0 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 皇室が何故世界で最も尊いのか【2】-天皇の祈り | トラックバック:0 |
<<広島市長が田母神講演会(8/6)を拒否? | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 凶気のサクラ>>


この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。