日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
独自制裁、対北全面禁輸へ
2ちゃん的韓国ニュースさんより転載

北朝鮮全面禁輸16日にも決定へ 政府が独自制裁アピール
政府は13日、2回目の核実験を強行した北朝鮮に対し、輸出入の全面禁止を軸とする日本独自の制裁強化策を16日にも閣議決定する方針を固めた。輸入は既に全面禁止され、輸出額も小規模なため効果は限定的とみられるが、核の脅威に対する厳しい姿勢を国内外にアピールする狙いがある。

 人の往来の制限も強化する方向で(1)北朝鮮への輸出入や送金制限に違反した在日外国人が北朝鮮に渡航した場合の再入国を原則禁止(2)違反をした外国人船員の上陸を原則禁止―などの措置を検討している。

 政府内では、日本の独自制裁が各国と比較して突出する事態を懸念する声もあったが、韓国が大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)への全面参加に踏み切ったことなどを踏まえ、制裁強化の判断を固めた。

 対北朝鮮向け輸出は2006年10月の最初の核実験に対する国連制裁決議で、高級食材など「ぜいたく品」の禁止措置が講じられている。08年の輸出実績は総額約8億円。


効力の問題が議論されいるけど、

これは日本の外交姿勢の問題

と捉えなければなりません。

拉致問題、核問題が続発するなかで

日本がどういう態度で臨むのか?

世界に日本の立場をアピールするには、明確でわかりやすい方向性が必要です。


麻生内閣の出した全面禁輸+再入国禁止などの

独自の制裁案は、日本の態度を内外に知らしめるうえで評価できます。


人気ブログランキングへブログパーツ
応援のクリックをお願いします!
別窓 | トンデモ隣国 | コメント:0 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 独自制裁、対北全面禁輸へ | トラックバック:0 |
<<坂井三郎  零戦を語る | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | Turkey and Japan (subbed)>>


この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。