日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
なぜディズニーは強いのか? 「仕組み」を仕込むという“魔法”
不況の中でも強い企業の秘密はどこにあるんでしょうか。

凄いのは、偶然じゃないんだよね。
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランド
今日は、興味深い記事を丸ごと引用します。

なぜディズニーは強いのか? 「仕組み」を仕込むという“魔法”(Business Media誠)
2008年度の入場者数は過去最高。世界的な不況など「どこ吹く風」とばかりに東京ディズニーリゾートが好調だ。なぜディズニーだけは、1人まるで異次元にでも存在しているかのように人気を集めているのだろうか。

日本最大級のショッピングセンター

とりあえず、どれだけディズニーがすごいか。日経MJ新聞4月27日号によれば、

1.飲食・物品売上高は1550億円で日本一
  第2位が松坂屋名古屋店で1231億円

1.年間入場者数は2722万人
  第2位はプロ野球で2164万人

1.マーケットシェアは2868億円で44.6%
  第2位はUSJで731億円

1.累計入場者数は4億6366万人
  第2位は上野動物園で3億3497万人

 いずれも2位を大きく引き離しており、まさにケタはずれの強さといっていいだろう。しかも、すでに開業以来25年が経っているにも関わらずである。オープンして四半世紀を過ぎてもまだ、ディズニーの魅力は不変というわけだ。これを日経MJ紙では『モンスター』と称しているが、確かにディズニーに匹敵するような集客施設は日本には他にない。

3つのマジックワード『6年・5時間・4分間』

4月15日、新しくお目見えとなったアトラクションがある。その「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”」の元となる映画が公開されたのは2002年のこと。この映画の大ヒットを受けて、ディズニーは新しいアトラクションの準備に入った。

 ディズニーでは「大きなアトラクションは約『6年』前から準備する」(日経MJ新聞2009年4月27日1面)らしい。ここで注意すべきはあくまでも「6年前から準備する」のであって、6年先を読むのでは決してないということだ。どういう意味か。

 ディズニーは6年後の世の中を予測して動いているのではない。予測などというあやふやなものに頼るのではなく、計画したアトラクションが6年後に「確実に」大人気となるよう仕込むわけだ。その仕込みにかける投資額は約100億円にもなる。

 それだけの元手をかけて、綿密に仕込みをし、オープン時にはきっちりと人気アトラクションとなるように仕立て上げる。事前の広告もしっかりと計算した上で打たれていたのだろう、5時間並んでわずか4分しか楽しめないのにもかかわらず、いきなりの大人気アトラクションとなっている。

リピーターを虜にする魔法とは

もう1つ、とんでもないデータがある。ディズニーランドだけに限れば、全入場者数に占めるリピーターの割合が95%を超えるという。日経MJ新聞の記事を疑うわけではないが、そんなことが本当にあるのかと疑いたくなるのも正直なところ。もちろん事実なのだろうが、だとすれば、ほぼすべての入場者がリピーターであるような集客施設ということになる。異常なまでのリピーター率の高さは、まさにディズニーの魔法にかかった人たちの多さを示している。

 ではディズニーの魔法とは何だろうか。あるいはUSJにはなくて、ディズニーにしかないものとは何だろう。飲食店を分析するときに使う4つの指標(QSCA)でディズニーとUSJを比べてみれば、どこか違うのか?

 まずQuality。アトラクションに関しては、好みの問題はあるにせよ、それほど(リピーター率が95%を超えるほどの)違いはないだろう。

 ではAtmosphere。これまた、飛び抜けた差があるとは思えない。するとCleanlinessに関しては、そもそも圧倒的な差がつくはずもないのだから、結局はServiceということになる。

ディズニー本とUSJ本の違い

Serviceに関しては、もしかしたら明確な違いがあるのかもしれない。個人的な感覚はおくとして、その違いが出ているのが本ではないだろうか。Amazonで「ディズニー(もしくはディズニーランド)」と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(もしくはUSJ)」で検索してみると、その差は一目瞭然だ。

 USJの方はガイド本がほとんどであるのに対して、ディズニーの方は、そのサービス・経営などディズニーのすばらしさを分析・解説・賞賛した本が何十冊もある。この差をどう考えるか。

 もちろん今後、USJを舞台としてそのサービスのすばらしさを解く本が出る可能性はある。方やディズニーの方には四半世紀の歴史がある。だから、そのサービスについて書かれた本がたくさんあっても不思議ではない。

 それにしても、ディズニー本は多い。こうした多くの本が『ディズニーのサービス神話』を側面から支持していることは間違いないだろう。逆にいえばディズニーは、これほど多くの著者を引きつけて「書きたくなる」要素を秘めているわけだ。さらに補足するなら、出版社サイドとしても、これだけたくさんのディズニー本を出しても採算が取れると判断しているのだろう。

 もしかしたら、これこそが最大のディズニーマジックなのかもしれない。(竹林篤実)



ゴミが(皇居並みに!)落ちていない。質問にNoといわない。

トイレの大便器をしゃがみこんで丁寧にごしごし拭いて掃除する。
そんな掃除の仕方をみたのもディズニーが初めてです。


ディズニーが言うところの「夢の国、魔法の国」を作る。
その徹底した経営哲学、人材教育とサービスを徹底する意識が違うと思います。

ディズニーランドの不思議! エリアの音楽はなぜ混ざらない?


人気ブログランキングへブログパーツ
クリックを宜しくお願い致します。
別窓 | 世界の日本企業 | コメント:1 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - なぜディズニーは強いのか? 「仕組み」を仕込むという“魔法” | トラックバック:0 |
<<スズキ黒字 インドの種実る | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 日本の知名人度ランキング>>


この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-10 Sun 19:47 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。