日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
中国乗用車が安全テストで0点!-ドイツ
人気ブログランキングへ

中国のブリリアント『BS4』が、ドイツの安全評価で0点を記録したというニュース。

中国というのは、カナダでも、評判が悪い。マナーが悪いのです。自己中心的で、製品で言えば壊れやすい。危ない。カッコ悪い・・・・などなど。中国4000年のブラックな蓄積が、中国=信用できないのブランドイメージを形成しているわけです。「中国人と中国産は誰も欲しくない」というのが、コモンジョークです。

冗談抜きに、拝金主義に基づくコストカット、人権思想の欠落が成れの果て。
事故が起きたら確実に死亡!ただの金儲け主義は結局自分のクビを締める。お客様あってのマーケティングの思想なんて、あったものじゃない。サヨナラ中国産!お前達の商品が世間に評価されるには、4000年早いヨン!


<中国製品>乗用車が安全テストで0点!「鉄くず」の汚名返上ならず―ドイツ
2009年4月9日、シンガポールの中国語メディア・星島環球網は、中国の自動車メーカー・華晨汽車製セダンがドイツで衝突安全テストを受け、0点という史上最低の成績に終わったと報じた。

華晨汽車のセダン・駿捷(Brilliance BS4)が臨んだのは、ドイツ自動車連盟(ADAC)が実施する衝突安全テスト・ユーロNCAP。駿捷は、前面衝突テストでは9点(16点満点)、側面衝突テストでは13点(18点満点)の成績を上げた。本来ならば3つ星(最高は5つ星)評価を得ることができるはずだったが、そこに落とし穴があった。2009年2月よりユーロNCAPは安全装置の設置基準が厳格化されているが、駿捷はシートベルト着用警告装置、エレクトロニックスタビリティプログラム(ESP)が搭載されていなかった。このため、0点という史上最低の評価となってしまった。

【その他の写真】

中国自動車メーカーが欧米の厳格な安全基準の前にひざを屈したのはこれが初めてのことではない。07年には同じく華晨汽車のセダンがユーロNCAPの審査を受け、「1つ星」という低い評価を受けた。当時、ドイツメディアは「中国から来た鉄くず」と酷評した。また、初めて欧州市場に投入された「陸風SUV」は衝突安全テスト後に「事故が起きればドライバーの生存確率はほぼゼロ」と判定され、ADACに「ここ20年間の衝突安全テストで最低の車」と評価された。

ある専門家は、衝突安全テスト以外でも排気ガス基準や廃棄車の回収など、欧米市場への進出には多くの厳しい条件があり、輸出は決してたやすいことではないと指摘している。(翻訳・編集/KT)


【動画】中国・ブリリアンスBS4の衝突テスト




異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない
櫻井 よしこ
新潮社
売り上げランキング: 60913


中国経済がダメになる理由
三橋 貴明 石 平
PHP研究所
売り上げランキング: 52



人気ブログランキングへブログパーツ
クリックを宜しくお願い致します。
別窓 | トンデモ隣国 | コメント:2 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 中国乗用車が安全テストで0点!-ドイツ | トラックバック:0 |
<<トルコ友好関係と柏崎問題2 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | 戦慄、創価の勧誘映像>>


この記事のコメント
安全と言う「文字」が有るのか?中国人のメンタリティの中では無いでしょうね?
泥棒が他社の部品を集めて作って居る様なものですから人間用ではなく「プラモデル」でも作る感覚なのでしょう。
2009-04-16 Thu 12:52 | URL | #kU3g/2a6[ 内容変更]
猪さん

中国に「安全」とか「健康志向」という言葉はないようですね。
まさに、技術を不当に盗みコピペして作っているようなもので、
ずさんなんてものじゃありませんね。

あー嫌だ嫌だ。
2009-04-16 Thu 13:39 | URL | Chonmage fighter #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。