日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
[読書]とてつもない日本/インテリジェンス-武器なき戦争

本日2冊購入。
これはヒット。2時間で読了。

とてつもない日本 (新潮新書)
とてつもない日本 (新潮新書)

これは良書だわ。日本は結構凄い国なんです。GDP(国内総生産)と外貨準備高が世界2位、貿易収支も、経済収支も黒字。戦後、悪玉の如く己の国を学んできたが、実は世界で2番目に豊かなんだな。成功体験だけでなく、失敗も乗り越え、しかもそのmuddling throughした情報を共有できる日本。日本はなぜ戦後の焼け野原を起ち上がり、成功したのか?日本に底力があるからだ!世界における日本の姿、強みを、3点明示していて躍動する。わかりやすい。ソート・リーダーとしての日本。アジアのビルトイン・スタビライザーとしての日本。ピア・ツー・ピアの日本。ものづくりだけじゃない。MANGA、アニメ、Jポップ。日本が持つソフトパワーの影響力はアメリカに匹敵する。アジアで、最初に政治・経済・社会の近代化に成功した日本。色んな側面からみて日本は世界から意外にもBIGに見られているのがわかる。自信が戻れば日本は更にとてつもないことになるぞ。これは本当に面白い本です。


インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

知られざる。また知ってはならぬ事情の裏側を知るときのドキドキ感。そんなドキドキ感と小気味よいテンポで国際情勢の舞台裏で起きているインテリジェンス・オフィサーの戦いの世界、獣道、蛇の道に入っていきます。1冊目同様、これは本当に面白い。個人的にはシビれる程面白い。インテリジェンスの入門書として超グッド。高校の時にスパイ小説を読んで軍事に目覚めた性質なので、これがノンフィクションの世界だから尚更凄いんだ。9.11後にTOKYOに集中して集まった世界各国の情報オフィサー。国際舞台の背後に潜む暗闇のなかで、蠢いている情報官の影の存在!想像しただけでもドキドキしませんか?


人気ブログランキングへブログパーツ
別窓 | DVD,書籍案内 | コメント:2 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - [読書]とてつもない日本/インテリジェンス-武器なき戦争 | トラックバック:1 |
<<戦慄、創価の勧誘映像 | 日本の底力 (Core Competency of Japan) | マスコミ減収減益>>


この記事のコメント
もう既に仕掛けられ日本は崩壊に一歩手前に来て居るのですが未だに政治家は「村山談話」・「河野談話」・「近隣食条項」を「悪の三要素」と気が付かないのか、面倒なのか手をつけようともしません。

「三」と名のつく「悪行」の「談話三原則」?・「非核三原則」「武器輸出三原則」これが取り払われれば、有る程度見られる国家に成ると思いますが、政治家の「不作為」是非廃止に動いて欲しい。

日本の考え方で訂正できるのですから、やって欲しいですね。

2009-04-11 Sat 15:20 | URL | #kU3g/2a6[ 内容変更]
猪さん

ところで今更ながら
毎度、コメント有難う御座います。

猪さんの書き込みが超励みになります。

悪の「三」政策はマジで日本という国から撤去すべきだ。
そうしなければ、日本は正常な国とは到底いえないだろう。

手をつけないのは、もし手をつけたら、田母神さんのように
消されるかもしれないから、ビビッテいるんでしょうかね?
だとしたら、情けない話だ。

国に骨をうずめる覚悟を持った政治家、国民が一人でも
増えて素敵な日本を取り戻さなければならないでしょう。
2009-04-16 Thu 02:02 | URL | Chonmage fighter #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
麻生総理の北朝鮮ミサイル問題に関しての主要な発言は次の通りです。 麻生内閣総理大臣記者会見 http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2009/04/10kaiken.html 以下の動画がその会見を収録したものになります。総理による対北政策の言及は13:25 この件についてマスコ …
2009-04-14 Tue 20:59 帝國ブログ
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。