日本の底力 (Core Competency of Japan)
日本に関するYoutube、ニコニコ動画を随時Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - スポンサーサイト |
NYT紙ポールクルーグマン教授寄稿「Japan Steps out」翻訳
Japan Steps out

NYT紙ポールクルーグマン寄稿論文翻訳


これからすごいことになる日本経済
これからすごいことになる日本経済


NYT(ニューヨークタイムズ紙)にノーベル学者
ポールクルーグマン教授が寄稿した

japan steps out

これは『アベノミクスは絶対的に正しい』
とする噂の寄稿論文ですが翻訳が三橋さんのサイトに乗っていたので転載。


安倍さん最高!


『動き出した日本(Japan Steps Out) ポール

クルーグマン(ニューヨークタイムズ コラム)


http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/b4/job/264  

 過去3年にわたり、高い失業率にもかかわらず、世界の先進各国の経済政策は麻痺したままだ。
 これは皆,正統派経済学のくだらない思い込みのせいなのだ。
 雇用を増やすための政策に関するあらゆる提案が、悲惨な結果を招きかねないという警告によって退けられてきた。
 財政支出を増やせば、――きわめて慎重な連中がいうにはだが――債券市場で我々は罰を受けることになるだろう、カネを刷れば、インフレが酷いことになるだろう、だから、何もやるべきではない。なぜなら、さらなる緊縮財政――いつの日か、どういうわけか報われるはずだとされる――の他に、できることはないからだ――彼らはそう言い続けてきたのだ。
 しかし今、一つの大国が、この(愚かしい)先進国の隊列を崩そうとしている。
 その国は他でもない、日本である。
 我々が捜し求めていた「異端者」がついに現れたというのではない。日本では政権が何度も入れ替わっているが、何も変わってはおらず、実際に新首相の安倍晋三も以前その職についていた。自民党の今回の勝利にしても、何十年にもわたって日本を誤って支配してきた「恐竜」が戻ってきたものだと広く受け止められている。

 加えて日本は、その巨大な政府債務と高齢化のせいで、有効な秘策の余地は他の先進国に比べても少ないだろうと考えられている。
 しかし安倍氏は、日本の経済的停滞を終焉させるのだと誓って、政権の座に戻ってきた。彼は、正統派経済学者たちが「やるな」と言ってきたアクションをすでに起こしている。そして、初期の兆候としては、非常に上手くいっている。
 少し背景に触れよう。欧米諸国を深刻な長期不況に陥れた2008年の経済危機よりもはるか以前に、日本は「不況型経済」におけるリハーサルをしていた。株式と不動産のバブルの崩壊が日本を不況に陥れた時、政策の対応は小さすぎ、遅すぎ、そして一貫性が無さすぎた。
 確かに、公的事業への多額の支出が行われたが、政府は、負債増大への懸念から、順調な回復が確立する「前」に引き返してしまった.そしてその結果、1990年代の後半にはデフレが定着してしまったのだ。一方で,2000年代の前半に日銀――FRBのカウンターパートである――は、「おカネを刷ること」(金融緩和)でデフレ退治をしようとしてきた。しかしそれも、改善の兆候をみせるやいなや後戻りしてしまった.
 そしてその結果,デフレが終わることはなかったのである。
 とは言うものの,日本は、我々アメリカが2008年以来経験しているような激しい失業問題には直面していないのが現実だ。
 はっきり言って我々アメリカの政策はきわめて不十分であった.だから、私は「ベン・バーナンキや私自身を含めて、日本の政策を厳しく批判してきたアメリカのエコノミストは、東京を訪れて天皇陛下に詫びるべきだ」と提案したものである。とにかく、アメリカの政策は日本よりもひどいものだったのである。
 日本の経験は、もう一つ教訓を与えてくれる。
 それは,「長期不況からの脱却が非常に困難であることは確かであるが、それは主として、為政者に大胆な政策の必要性を理解させるのが難しいからなのだ」という教訓である。
 つまり問題の本質は、厳密に経済的な問題というよりも、政治の問題であり、知性の問題だということだ。実際のところ、積極財政のリスクは、正統派経済学者たちが国民に信じ込まようとしていたよりもずいぶんと小さいものなのである。
 特に、巷で叫ばれてきた、政府債務と財政赤字の危機について考えてみよう。
 アメリカにおいても、我々は各方面から常に「財政支出を切り詰めろ、今すぐにだ!」と警告されてきた。「さもなければ、ギリシャのような危機に陥るのだ」と。しかしギリシャは通貨発行権を持たない国であって、アメリカとは立場が全く異なっている。実際には、むしろ日本のほうがより近いモデルとなるだろう。
 悲観的な終末論者たちは、日本の財政破綻を予想し続けている。金利が少し上昇するたびに、ついに「黙示録」の時がやって来たと報じ続けてきた。しかし実際には、そんな危機など起きてはいない。日本政府は今も、1%に満たない金利で長期国債を発行できているのが現実なのだ。
 ここで安倍首相の登場である。彼は日銀に対して、インフレ率の上昇を目指すように圧力をかけてきた――これは実質的に,政府債務の一部を帳消しにする効果をもたらすこととなるだろう。
 そして彼は今、新たに大規模な景気刺激策を発表している。
――こうした彼の取り組みに対して,市場の神々はどう反応しているのだろうか?
 答えは、「すべて良好」である。
 最近まで(市場がデフレの継続を見込んでいたために)マイナスであった期待インフレ率は、一気に上昇してプラスの領域に入った。しかしその一方で、政府の資金調達コストはまったく変わっていない。これは、日本の財政見通しが急速に改善するだろうことを意味する、「マイルドなインフレ」が予想されているからだ。
 もちろん、為替がかなり円安になった。しかし、これもまた、実際はきわめて良いニュースなのだ。実際、日本の輸出企業はこれによって元気づけられているのだ。
 つまり安倍氏は、目覚ましい結果を出し、それを通して、「正統派経済学者たちをあざ笑っている」というのが今の状況なのだ。
 ここ最近、日本の政治事情に詳しい人たちが私に、「安倍をあまり信用するな」と忠告してくれている。彼らは、「安倍の外交政策はとても悪いし、彼の景気刺激策も古臭い利権政治に属するものであって、社会通念を打破する洗練された考えだというわけではない」と口にする。
 しかし、そんなことは何の問題でもない。
 彼の動機がどうであれ、安倍氏は、悪しき正統派経済学と決別しようとしているのである。そしてもし彼が成功すれば、特筆すべきことが起こることとなるだろう。それは、不況型経済の先駆者たる日本が、そこから脱出する方法を全世界に対して見せつける、ということなのである。 (翻訳:京都大学藤井聡研究室)

(原文:http://www.nytimes.com/2013/01/14/opinion/krugman-japan-steps-out.html )』


今安倍+麻生さんは「ヘリコプターマネー」を地でやろうとしているわけだ。

デフレ脱却してインフレしないと経済回復しない。
その為に安倍+麻生さんが仕込んだ景気対策がアベノミクス。
日本、タブー破ったな。w

破綻したEUや米国が注目してるぞアベノミクス。


詳しくは三橋さんのサイトを毎日読んでいると分かります。

日本は今凄い景気対策を実行に移し始めているぞ。

人気ブログランキングへブログパーツ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


スポンサーサイト
別窓 | 麻生太郎 | コメント:3 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - NYT紙ポールクルーグマン教授寄稿「Japan Steps out」翻訳 | トラックバック:0 |
今年は『直感力』を鍛えよ!羽生善治著
直感力 (PHP新書)
直感力 (PHP新書)


羽生の凄さを知るために、過去の獲得賞金一覧をみてみましょう。
タイトル獲得数歴代1位

2:名無しさん@恐縮です:2012/02/16(木) 17:21:12.15 ID:mZivLyAI0
羽生初タイトル獲得以降の賞金上位トップ3(単位:万円)
(竜王戦の賞金・対局料は翌年度に加算されるので90年から)

90 谷川 *6,313  中原 *6,182  羽生 5,237
91 谷川 *7,519  中原 *5,183  森下 3,662
92 谷川 *8,551  羽生 *6,197  中原 5,030
93 羽生 10,063  谷川 *5,650  米長 4,876
94 羽生 11,297  佐藤 *5,513  米長 4,732
95 羽生 16,597  谷川 *5,402  中原 4,309
96 羽生 16,145  谷川 *5,069  森内 3,398
97 谷川 11,762  羽生 10,182  屋敷 3,555
98 羽生 11,466  谷川 *9,539  佐藤 5,737
99 羽生 *7,872  谷川 *6,769  佐藤 6,355
00 羽生 10,595  谷川 *6,739  藤井 6,503
01 羽生 11,519  藤井 *5,823  丸山 5,727
02 羽生 11,048  佐藤 *5,788  森内 4,872
03 羽生 12,910  佐藤 *5,709  森内 5,269
04 羽生 11,272  森内 10,833  谷川 4,673
05 羽生 10,391  森内 *7,117  渡辺 6,194
06 羽生 *9,376  佐藤 *7,576  森内 7,536
07 羽生 *8,132  渡辺 *8,032  佐藤 7,927
08 羽生 10,711  渡辺 *6,252  佐藤 6,082
09 羽生 11,278  渡辺 *5,605  深浦 4,864
10 羽生 11,576  渡辺 *6,240  久保 4,829
11 羽生 *9,886  渡辺 *8,365  久保 4,659


スゲー。
『直感力』はその羽生さんが直感力の大切さを説いた本です。

■勝負中、論理的思考を辿っていては時間がない

棋士は、若いときには計算する力、記憶力、反射神経のよさを前面に出して対局をするが、年齢を重ねるにつれて少しずつ直感、大局観にシフトしていく。


直感と大局観で勝負をする。

直感とは何なのか

論理的思考の蓄積が、思考スピードを速め、
毎回実行するうちに、回答に直結する回路がうまれるようなもの。

直感があると瞬時のうちに腑に落ちるような感じとでもいうのだろうか。
考えをめぐらせることなく一番いい手、最善手がみつけられる。


考えをめぐらせずに。
この一瞬にして回路をつなげてしまうものを直感という。


経験を踏まえ論理思考を「瞬時」に行うもの。

こと細かく緻密に理論づけることなく、流れの中で「これしかない」という判断をする力。


堆く積まれた思考の束から、最善手を導き出す。

これは突如湧いてでるものではない。
今まで習得してきたこと、学んできたこと、知識、類似したケースなどを総合したプロセスだ。


■直感は鍛えられる

直感は醸成できる。
その為には、

自分の思うところ、自分自身の考えによる判断、決断といったものを試すことを繰り返しながら、経験を重ねていく。



考えて考えて、判断して、失敗して。その経験の積み重ねをするうちに、
ある時からこのすぐに答えを導き出す力が身につく。


将棋の世界では師匠が弟子に何かを「教える」ことはなかった。

実は、分からない、迷っている、悩んでいるとか空回りしているといった苦しい時間こそが、後々の財産になるものだ。


自分ひとりでもがく時間が必要なのだ。


■変化の激しい時代に答えを導く方法

個人のレベルで対応するしかない時代。
そこには、常に自分自身の決断の力が必要とされる。
そのときに直感は余計なデータに惑わされず、
本当に正しい、必要とされるものが一瞬でみえる


自分で調べて自分で考え、自分で責任をもって判断する姿勢をもっていないと、流されてしまう。

結局のところ、必死にもがいて身に着けたものこそが、自分自身の力になるのだ。


「直感力(羽生善治著)」

人気ブログランキングへブログパーツ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



別窓 | DVD,書籍案内 | コメント:9 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 今年は『直感力』を鍛えよ!羽生善治著 | トラックバック:0 |
朝鮮日報「AKB板野友美さんらが靖国神社初詣」
AKB48メンバー 

板野友美、島崎遥香が靖国神社初詣



安倍政権の使命-動き出した反日マスコミ- (OAK MOOK 452 撃論+(PLUS) 4)
安倍政権の使命-動き出した反日マスコミ- (OAK MOOK 452 撃論+(PLUS) 4)


AKB48の板野と島崎遥香(ぱるる)が靖国神社に初詣に行ったらしい。


朝鮮日報が板野のブログを見て報道。

いいことじゃないか!w
靖国神社はこれまで何十回も手を合わせてきたけど、

日本人が初詣に行くことでいちいち騒ぐなよなww




【朝鮮日報】「日本の国民的アイドルグルー

プ『AKB48』メンバー板野友美、島崎遥香が靖

国神社参拝」(AKB48タイムズ)


1:名無しさん@実況は禁止です:2013/01/03(木) 23:41:34.93:w9GY45H70
【朝鮮日報】「日本の国民的アイドルグループ『AKB48』メンバー板野友美(22)、
島崎遥香(19)が靖国神社参拝」

1 :わいせつ部隊所属φ ★:2013/01/03(木) 23:02:19.31 ID:???0
日国民ガールグループのメンバー、靖国神社参拝論難
AKB48メンバー板野ともみ(左)、嶋崎はるか/出処=ホリプロ・AKB48公式ホームページ

日本の"国民ガールグループ"の"AKB48"のメンバー2人が
靖国神社を参拝したことが分かった。
3日各種オンラインコミュニティサイトによると、AKB48のメンバー板野ともみ(22)と
島崎遥香(19)は、1日、東京千代田区(千代田区)にある日本最大の神社靖国に
行って参拝したと伝えられた。

グーグルプラスは2人が靖国神社で食べ物を食べる姿が写した
写真が上がってくることもした。
靖国神社は日本の皇室の祖先やシンデ(神代)の神、
または国に大きな利点がある者を神として受けている祠堂である。

靖国神社には、軍国主義者東條英機など第二次大戦の
A級戦犯の位牌が合祀されているため、
韓国をはじめとする周辺国では、日本の閣僚がここを参拝することに反発してきた。
戦犯の位牌の前に頭を下げるのは、
日本が第2次大戦の責任を否認するのと同じだという理由からだ。

日本ネチズンは"公認に違いない人々が靖国神社に参拝したのは
議論の余地がある"という意見と、"個人の判断に基づいて十分に
決定することができること"という意見に分かれた。

一方、韓国など周辺国のネチズンらは"政治家と同様、
今回の行動について非難を受けて当然だ"と強く反発している。
一方、板野図る押す過去に日本の放送番組で君が代(日本国家)を
呼びうとした製紙たこともある。

2005年に結成されたAKB48は、 "モーニング娘。"と一緒に
日本を代表するアイドルグループとして数えられる。
40人のメンバーたちは三々五々小グループを作って、別のチームで活動することもある。
これらは、東京・秋葉原の専用劇場でほぼ毎日公演を行っている。

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&prev=_dd&u=http%3A%2F%2Fnews.chosun.com%2Fsite%2Fdata%2Fhtml_dir%2F2013%2F01%2F03%
2F2013010301965.html


友はCDTV終わりで、ぱるちゃんとマイカと初詣に行きました
http://ameblo.jp/xanadu11/entry-11441123779.html



twitterでの目撃情報

AKB48 ともちん(板野友美)とぱるる(島崎遥香)が2人で靖国神社へ初詣(AKB48タイムズ)

1:名無しさん@実況は禁止です:2013/01/01(火) 14:33:52.71:B07dJBsZi

435 :名無しさん@実況は禁止です [] :2013/01/01(火) 12:55:00.76 ID:fRLyP96i0
靖国なう、ともちん、ぱるるなう
xxxxx-9時間前

そういえば神社でぱるるとともちんに会った!!声かけたら握手してくれた??
二人ともちっさくてかわいかった~!!!
xxxxx-4時間前

xちゃんとxちゃんとxで靖国神社に初詣いった^o^久しぶりだった!
相変わらずだった(笑)ぱるるとともちんにはびっくりしたね!
2人とも親切に対応してくれて嬉しかったな=(^.^)=
xxxxx-3時間前

お母さんが靖国でともちんとぱるる見たって。で「ともちんとぱるるだ!」って
言ったら握手してくれたらしい(・∀・)
初詣するのに靖国選ぶなんて推せるw
xxxxx-34分前

兄ちゃん、靖国神社でぱるるに会って握手してもらったらしい…
ほんとムカつくあいつらファンでもないくせに、新年早々…ちくしょー
xxxxx-8時間前

靖国にぱるるいたwふつーに可愛い
xxxxx-8時間前

てゆか靖国神社にてともちんとぱるる見た笑 普通にびびんば、、、( ´ ▽ ` )ノ
xxxxx-9時間前





AKBはよくわからんけど、この二人を推しで!w


人気ブログランキングへブログパーツ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



別窓 | 思うこと | コメント:1 |このエントリーを含むはてなブックマーク|はてなブックマーク - 朝鮮日報「AKB板野友美さんらが靖国神社初詣」 | トラックバック:0 |
| 日本の底力 (Core Competency of Japan) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。